-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-24 20:46 | カテゴリ:モノローグ
本日14時30分。無事右足首腫瘍が摘出されました。

もうそれはそれは、大変な痛みの中進んだ手術でした。というのも有痛性主要だけに多少触れただけでも激痛で点滴注射が必要な物体です、そこに冷たい消毒液がついただけで脂汗を流してしまう痛みなんですね、そのど真ん中に一般注射器よりも太い太い麻酔針で注射されるのですよ。

針が入った瞬間、失神寸前にまで意識が遠のき、それ以降は記憶があやしい・・・・涙、鼻水、よだれ、その他なんか顔ぐちゃぐちゃになってました。でもね、ちゃんと出てきたらしいですよ、白いちゅるりんとした大きなタピオカ的な物体が・・・・1週間ほどかけて病理検査にかけるそうですけど、なんせ遺物は摘出されました。

その痛みのショックで過呼吸をおこしかけ呼吸をするために看護師が吸って?はいて?、みたいになってて。。。人生の中でも衝撃的な時間でした。約10分ほど・・・・・ですが(笑)


あげはスタッフはめちゃめちゃ知ってますが、靴下が少しふれただけでも激痛で騒いでいたので、それはそれは完全ケアで今まで痛まぬように避けて避けて上手にやってきました。
足首だけは絶対触らないで?・・・・というのはよく耳にした話。

それが今日なくなりましたよ・・・まだ抜糸まで時間がありますが(プレドニンが多いため傷が治りにくいので倍ほど傷口がふさがるまで待つそうです)ひとつ問題はクリアしました。

そして気になるSLE症状ですが、熱はだいたい36,9?37.0で落ち着いてきました。プレドニン2週目が終わろうとしているので来週からは副作用で起きる圧迫骨折を防ぐために骨粗鬆症の薬が始まるようです。

ステロイドの大量投与により体の中では今骨を作らず筋肉を脂肪に変え免疫を完全に抑えてしまう状態になっています。そのためちょっとしたことで骨折をしたりするほど骨密度が急激に減るそうです。

見えないところで大変なことがどんどん起きているのだな・・・とおぼろげにも理解してきました。
でも明日は2週目の血液検査。
夕方には汎血球減少症がおさまっていて補体が上がっていれば、また退院の日が早くなります。

最近はステロイドのおかげで過食症なので大変よく食べていますので元気にもなっています。
明日の検査結果も楽しみつつ、今日味わった恐怖を一日でも早く忘れられるよう努力します。

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。