-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-21 20:12 | カテゴリ:モノローグ
今日は朝からパパがお休みでさわやかな汗?!とともにやってきてくれた。
心配しながらも最高の笑顔で「今日はかぼちゃのシチューやぞ」って大きなタッパウエアのシチューをとりだした。

祝日の今日はやはり週末以上にゆっくりとした時間が流れる院内。今日は暑いけれど風通しがよく過ごしやすい感じがしました。

昨夜から約2か月続いた微熱がおさまり36,8度に落ち着いている。やはり体は軽いみたいで、午前中日差しが強くなる前に完全防備で紫外線対策を取って車椅子に乗りこみパパと近所の商店街にちょっとした買い物に出かけました。

活気づいた昼食前の買い物客でにぎわう商店街は久々に見る色とりどりの世界で何もかもが新鮮に見えるものです。ただのタコヤキがもうフルコース以上の香りに感じる・・・人間って本当に勝手な生き物だと自分の感じている世界観に苦笑してしまう。

午前中後頭部が少々引きつるよに肩こりのような違和感を感じたら汗がたくさん流れる直前だったみたい。たった1時間ほどの買い物で数時間以上スポーツしたほどの汗が流れ息が上がる。
今の私にはちょうどいい運動になったみたい。午後からも気分的に調子がいい。

だけどこれはセキュリティーポリスマン(SP)のパパだからできる技で、まだまだ他の人とはできない荒業だな・・・と実感した。人を守る職業にあるパパは旦那様という視点以上に私をボディーガードするために動けるのだな・・・・ありがたい旦那様ですこと。まるで一流芸能人気分ですよ。

実際SP業務を多数こなしてきているパパは人を守るプロなんだと思える行動があちこちにある。
拳銃片手に護衛をするなんて人あんまり周りにいないものですが、今回はばかりはちょっとラッキー。

病状としてはプレドニン2週目が始まり、冒頭にも書いたように熱が下がり始め体は楽です。
でもタイトルにもあげたようにもぐらたたき現象が起きてまして、おさまっていた関節炎、ケンショウ炎などがあちこちに再発してきました。しびれっぱなし、痛みっぱなしの関節が戻ってきました。

こっちがおさまればこっちが起きる、本当にもぐらたたきみたいな毎日です。

私がいま入院治療に専念している理由はただ一つ、完全にこの1か月で進行を抑え込むために多量のステロイド投薬を決意したのですね。
1か月?2か月の我慢と闘いで5年ほど進行が止められるなら・・・・その想いだけでこの入院ステロイド治療を決めました。

難病って聞けばたしかに治らない不治の病なんですけど、今の医学ではその進行を大幅に遅らせ管理できるということが年々実証されてきています。なので入院してて不治の病だと思って怖がらないでほしいと思います。2か月後秋には自宅に帰り完全自己管理で数年、いや20年以上は進行を遅らせながら対処療法を続けられるのですから・・・・お仕事だって問題なくこなせるんですよ。


特に私の仕事は脳みそが回り声が出てPCが操れて目が見えて耳が聞こえれば何一つできないことなんてないのですから・・・・。
秋以降の結婚式、LIVEは間違いなく成功できます。そのあたりが主治医も了承してますしね・・・

夏のいま、確実に止めてしまいたいという気構えでの入院生活なので必要以上にご心配なさらず、帰る日を待っていてください。今は治療に専念しなるべく疲れないようにしたいのでお見舞いもあまり来ていただかないほうがいいかもしれませんね。

ということで長くなりましたが、週末最後の楽園院内はパパ、久美子、トラ君と家族で過ごした時間でした。みんなの貴重な時間が私に割かれてゆくことが心苦しいところですが、今は甘えさせてください。よろしくお願いします。

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。