-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-05 01:46 | カテゴリ:モノローグ
私はとっても顰蹙でしょうが、何事も楽しめる変人なのですよ。

今もとてつもなく不安で虚弱体質をうらみ、大変な病魔との闘い真っ只中なのに、病院の小さなポイントを話のネタに仕入れてみたり、何かを感じようとアンテナビンビンさせて、病人らしくない時間を過ごしております。

とてつもなく難病かもしれない、というさなかにもしそうなら、と完全に受け入れ体制万全でその病気と真っ向勝負して楽しもうとし始める・・・

看護師も医師もこの能天気キャラクターを不憫にさえ感じるとか・・・ほっといてよ。
だってそうでしか生きられない。この生き方しか知らないのですよ。

7月すべてのスケジュール決行します。ライブも、人生で最後かも知れないけれど舞台に立ちたいと願っています。自分の声で病気の報告したいんです。自分の声で伝えたいことがあるんです。

だから歌えなくても、声にならなくても、ステージに上がる予定は変わりません。
私は馬鹿がつくほど痛い生き物なようです。

でも必ず最後にならないように完治させますけどね・・・
まだまだ見せたい世界があるのですよ。だから、必ずあげはLIVEも続きます。

7月21日、今まで都合がつかなかった方もどうぞお集りくださいませんか?
私はありのままの姿でステージに立とうと思っています。着飾った美しさを届けられなくても私の心をそこに解放しますから。私の心がババ色か、バラ色か、それはあなたが決めてください。


それでいいと思っています
何事も楽しむ生き物、重病も苦しみも毎日の痛みも、楽しめてこそ感謝できるのです。
痛みは神様の贈り物、健康を失くした私にはたくさんの愛情がやってきました。
足をさすりながら会話を楽しんでくれる旦那、心配して車いすを押してくれる息子、そして私の留守を守り続けているスタッフ。それが私が宝のもちぐされにしてきた、贈り物です。

神様は贅沢を叱りました。目の前の小さな幸せを見つめなおす時間を私に与えてくれた。
今の私はきっとパワフルではないけれど誰よりも優しい歌を歌える気がするんです。

これも自己評価満開の発言ですけどね・・・・どうぞ私に会いに来てください。
最初で最後の人も見守り続けてくれた人もどうか、この生身の私をその瞳に焼き付けてください。

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。