-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-09 19:24 | カテゴリ:モノローグ
あげはLIVEという単独LIVE形式で月に一度のステージを初めて早1年7か月が過ぎようとしている。
ここへきてBANDの音楽性、ノリ、人間的価値観の違い、方向性、違和感などなど何かと問題、疑問が生じることが多かった。

音楽というアートを描くことよりもお金になる音楽をやりたいという不思議な発言。
モノ造りではなく金作りを願う自称ミュージシャン。

考えられないまま月日は過ぎたけれど、迷っても、悩んでも始まらないと思い、考え抜いて答えを無理くり引っ張り出した。


その答えもあっているのか間違っているのかわからないけれど何もしないよりはずいぶんいいと思って動き始めた。

あたらしいLIVEの形。私らしい音楽の世界の追及。そして精神的苦痛の緩和。
なんとなく長かったトンネルに光が見えてきた気もする・・それはいつも誰かに救われ、支えられ、運んできてもらう答え。

基本的に自分のことをあまり話さない私、心の中の言葉を飲み込む癖はまだ治ってない。
言いたいことではなく言わなければならないことばかりを全面に発言する。そうしていると自分の想いを伝える時間、余裕がなくなり、個人が置き去りにされる空虚感を覚える。

経営者とは孤独を楽しめるかどうか・・・昔誰かにそう言われたことを思い出した。
私は知識が少ない。勉強ができない。ようするに勉強的にはとてつもないあほなのだ。
人との会話が成り立たないことも多い。人の言ってることがあまりわからないことも多い

なのにそのひとの言葉ではない心を誰よりも早く察知してしまう敏感さを持ち合わせて生まれてしまった。目の前の人も言葉が私の見て感じている心と裏腹のときは戸惑い少々傷つく。

それを繰り返すことが日常なのに、LIVEステージでも同じことが起きることは耐えがたかった。
私はただ、人として、一人の人間として何かを作り伝えようとしてきただけなのに・・・

人の想う自分とここにいる私のギャップに葛藤を繰り返した。
アーティストあげは、あげはLIVEを継続することは決めた。だけどその自信もなかった。


だからこそ生まれ変わることを決めた。
私は一人では何もできない無知で愚かな人間だということを表面的にしたい。
その想いだけだった。

あげはLIVEが変化してゆくことをどうか楽しんでほしい。これからの新しい形を見守ってほしい。
心から今そう願っています。

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。