-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-20 23:19 | カテゴリ:モノローグ
簡単にいえば「能ある鷹は爪を隠す」ってこと。

自分ができること、得意なことはめっちゃがんばって目立つようにアピールもし好んでするけれど苦手なとこは蓋をする人、めっちゃ多い。


かっこいいとはそういうことを言うものではないのに、たいてい上のような方はええ格好しいが多い。
めっちゃかっこ悪いのに・・・・

かっこええのは、めっちゃできることを、いかにどんくさくかっこ悪くやって、周りにはどんくさいな?位に思われる生き方ですよ。アホになり、かっこ悪く、へたくそにこなす、でも心底はわかってて、人のいないところ、一人のときにだけその能力を活かすのですよ。

得意なことを格好付けてやったって何にも格好よくないよ。
できないことに挑戦してへたくそでも一生懸命のほうが格好いいし好感度も高いはず。

いかにへたくそに見える生き方をするかを大事にできやな格好ええ大人にはなりません。
めっちゃ真剣な格好ええシーンだからこそ、笑われにいくのですよ。
場を和ませるために、技術をひけらかさないために。

その深い意味は茶道にも似た奥ゆかしさではないか?
やはり何事も道なのですよ。道はすごいのですよ。
だから極めたほうがいいのですよ。

でも道を極めたら極道やん?あかんあかん、そうじゃない。
要するに、できることは控え目にできないことは目立つように一生懸命。

それができやなあげはスタッフはあかんのです!

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。