-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-23 01:26 | カテゴリ:モノローグ
春になって我が家のガーデンも色どりが変わり新芽が伸びて植えかえ次期になりました。
プランターで育てているのでやはり養分が流れ出てなかなか根付きができない植物もあります。

花を育てているとはいうものの基本的に無知識な私。先生は農芸高校卒業のたっくんか家庭菜園育ちのカナ様。いろいろおしえてもらいながらシーズンごとの庭作りを楽しんでいます。

春の花がたくさん咲いてくると萎れる一歩前で花を摘み取り2?3日切り花として楽しむというのが大事なところらしい。今真っ只中で咲いている花を摘み取らなければ、養分が吸い取られすぎてそのあとのつぼみが育たないかららしい・・・だけど結構残酷というか潔いというか・・

育てるために今まさに咲き誇っている花から摘み取るという作業。
そこであげはHOUSEでは元伸の花をしばらくガーデンで育ったお花を供えることにした。

それでもなれない咲いている花をばしばし切り取る作業。
殺人気分なのだな・・・
それも根っこや葉を強く育てるための策だから仕方無い。

きっと人間も同じで今まっさかりのときに調子に乗って咲き続けることは次世代育成にはよろしくないことなのだろうと思う。

育てることは身を引くことにもつながる。ガーデニングで学ぶ人材育成術でした。

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。