-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-09 00:00 | カテゴリ:モノローグ
私たちの日常には古人が残したたくさんの言葉があふれています。
特に誰かに説明したり、わかりやすくしたり、話を盛り上げるためにことわざや熟語を使用しています。

ま、ことわざや熟語、ってのは、私にとってはチンプンカンプン呪文に限りなく近いもので本当に万人が知っているようなことしか知らないので、文章を理解するのに一苦労します。

そんで、昔の人が残した言葉だけではいかんじゃないかという思いもあり、ちょくちょく造語しますけど、みんながあげは語というまで本人あまり気づいてないこともしばしば・・・・

自分の思いを伝えるために言葉を使うなら、表現しなきゃ意味がないと思う。
最近高校生や中学生のメールを見ることがあるのだけど、絵文字、顔文字だらけで・・・・その記号文字的なものを全部抜くと、めっちゃ味気のない文章なんです。

それってものすごく恐ろしいことで、日本語はことばそのものに世界一の表現力をもった豊かな言葉なのに・・・顔文字・絵文字なんてなくてもその程度は言葉だけで表現できるはず・・・・・

結局誰もが面倒くさいってことと遊び心を完全に取り違えて楽していい文化を殺してます。
だから発言も軽いし響く言葉もない。これじゃ?いかんよ若者って思ってしまう。


文章を書くことはめちゃめちゃ大事なこと。漢字を使うのも、ひらがなのニュアンスを使うのも・・・・・
言葉を自分の表現方法にできない人間は、基本どんなことをしてもそこまでの成功はなしえないはず。原点ともいえる言葉、その重みを理解すべきだ。

そして何よりも自分の言葉を持つことだ。自分の言葉を理解して使い、責任を持てる言語をもつことだ。自分の言葉を話していますか?自分の言葉をかけますか?
自分の言葉を模索しなきゃ、未来は開けなくなるよ・・・・


管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。