-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-28 00:00 | カテゴリ:モノローグ
緑が増えると空気がきれいになる。
私のいう緑とは植物のこと。木のこと。

毎日蒲生のプチガーデンを楽しみ、生命力の神秘をまのあたりにしている。
安易に地球に緑を増やしましょう。なんて言ってる人は多いけど、気にもしてない人も多い。

私はとくにエコロジー運動のために緑を育てたわけではないのでとても自己満足なガーデニング。
だけど嘘でも虫がやってきたり、花の香が漂いだすとまんざらでもなくなる。

最近やっぱり家の近所のあちこちの緑に目がいくようになる。
嘘のようにほったらかされた植木。
鉢植えから伸び放題に伸びたまま枯れ木になった。

どうしてこのまんま放置されたのか?育てた人が亡くなったのか?
そんな世間話や妄想など広げつつ・・・・

当たり前の奇跡を思い知らされた。
緑の草花が緑色なのは生命の奇跡なんだってこと。

少しでも根が水分を吸収できなくなるとすぐに萎れてやがては枯れる。
生きている人間が温かいように、生きている植物は緑なんだ。

花の絵を描いたら誰もが緑の葉っぱを描くけど・・・誰もが緑の茎を色塗りするけど。
植物の緑色は奇跡の色。命の色なんだな・・・・・

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。