-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-13 07:40 | カテゴリ:モノローグ
息子トラノスケ8歳がなにやらせっせとコレクションしています。

お土産にいただいた大きな1リットルの牛乳瓶をコレクションBOXにして、オレンジのスーパーボールを入れていた。

毎日牛乳瓶を眺めては嬉しそうにニヤニヤ・・・・
このくらいの子供にとってスーパーボールは宝物なんだな?くらいに想ってた・・・・

でこの前、あまりに嬉しそうにしていたので、
スーパーボール好きやな?って話かけたら・・・・・

トラノスケは言いました。

「これ、7個集めたら、龍が出てきて願いが叶うねん。
 7個集めて元君生き返らせるから、もうちょっと待っててな・・・」


と・・・・・

思わず・・・絶句した。
たった8歳の子供が毎日、毎日遊び半分に集めているんだと想っていた私がバカだった。
この子達は漫画の世界を強く信じて生きている。
ドラゴンボールを本気で探しているんですよね。
そして、その心には、失くした人を想う気持ちが溢れている・・・・
悲しみを喜びに変える力を持っている子供の凄さに唖然とした。
大人ってなんて弱く情けないんだろうと・・・・
子供は大人以上に敏感で、突き抜ける悲しみを体感した。。。
だからこそ、悲しみを喜びに変えようと黙々とボールを集めてた。
悲しみにくれている自分たちを恥じた。子供にまた教えられた。

夢を売る仕事の偉大さも、責任も強く感じた。
彼らは漫画の世界という夢で得た力を私たちに注いでくれた。
ありがとう。トラノスケ。


感動しました。
あげはめちゃめちゃ申し訳ないと息子に想いました。

漫画に詳しくないのでキョトンとしてしまったけど、ドラゴンボールの話を聞いて感動しました。

トラノスケの胸に秘められていた、大きな願い。
元伸の生還。
信じて生きているトラの言葉に何を返答できるのか・・・・
小さな手に握り締めていたのはスパーボールの形をした夢と願い。
その手のひらにはどれだけの愛情とぬくもりがあるのか・・・
子供の持つ包容力に感動しました。


子供の夢と現実のハザマで親として、大人としてどう対応するべきか・・・迷ってしまった・・・・

元伸を想う心が集めさせたオレンジ色のスーパーボールは彼の心に、きっと永遠の魔法がかかると信じていたい。

小さな手のひらに握られた夢が、どうか彼に永遠の優しさと強さを与えてくださいますように・・・・




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://agueha.blog63.fc2.com/tb.php/504-35f02bc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。