-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-06-26 01:17 | カテゴリ:モノローグ
車を運転しているとその場で車を降りてどつきたくなるバカが多い。
理由はあのItuneとかIpodとかのヘッドホンで音楽やなにかしらを聴きながらかっこつけて歩いてたり、ひょうひょうと歩くサラリーマンなどなどの多さだ。

どうみても会社でも重役クラスの年代のおやじまで最近は若者同様に利用している。でも!!!バカども良く聞きやがれ。

道路でそんなもん聞きながら歩いて、自転車のって、車がきた音にも気づかない状況を自らつくり、思いっきりクラクションならされてもやっと気づく状態で、車にぶつけられても文句言うなよ!!

聞こえる耳があって便利なものが歩けど利用する場所やTPOを考えやがれこの大ばか者。

聞きたくても聞こえない人が必死に目を凝らして事故を起こさないように気をつけて、気を遣って歩いている世の中なのに、聞こえる耳を自分が聞きたいからとか、勉強したいからの欲だけでヘッドホンで塞ぎ危険な環境を自ら作る大バカどもに叫びたい。

聞こえることが当たり前すぎませんか?と
だから私は言い続ける私たちは健常という障害を持っているんだと。

便利なものがたくさんあふれる現代社会だからこそ何をどのようにどの場面で使用するかを明確に自己判断しないと大問題になっていくよと危機感を持つ。メールもそう、便利だからとてなにもかもに使うものでもない。顔を見て会話すべきことも必要だし、また直筆のぬくもりだって大切なときはあるのだ。利便性を追求して心をなくすというシチュエーションは増える一方だ。バカが増えると便利なものにもいずれルールができ枠に閉じ込められる。

自由は不便であるという本質と便利は不便だという現実をもっと考えて生きるべきだと思う。
その判断も考えもしない大人が増えすぎて世の中麻痺してる。

便利だから遣うのはかまわない、かれどそれが自我と我欲の元でないかどうかの確認をすべきだと思う。

女子高生が電車でメイクをするって怒り狂ってるそこのリーマン親父!!お前のそのヘッドホンもおんなじやねん!!人のこという前に自分の行動を見直せよと・・・・・

夜の街で酒を飲みながら、さも自分はヒーローで、女子高生のメイクを注意した武勇伝を常識あるとかないとか大声でアピールして、ほざいてるそのおっさんが店を出るときに耳にヘッドホンをした瞬間・・・もう笑うしかない私がいた。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://agueha.blog63.fc2.com/tb.php/426-c8004d91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。