-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-24 05:25 | カテゴリ:モノローグ
何か手に入れたり、学んだり、大切な人とめぐり合ったり・・・・・
人は生きている毎日でたくさんのものを吸収し、また身についてゆきます。だけど、その吸収したことや、身についたこと、そして知り合った人々は自分が手に入れた財産だと勘違いする人がたくさん居る。

そして大切だと思えば想うほど、得したと思えば想うほど、たいていの人は自分の中に取り込み独り占め状態を安心します。

大きな勘違い。
だってこの世にあなたのモノなんて存在していないのだから。
自分自身の体でさえ親から与えられたものだから・・・・・。

手に入れたものも、吸収したこともすべては全員が共有できるもののはずです。自分だけいい成績とるために、いい勉強方法を見つけた!!でもライバルに負けたくない、他の誰よりも優れていたいと想う欲から、人はその手法や方法を内緒にしようとする。

でも所詮自分が気づいたことなんてこの世の誰かはもうすでに知っているはずだと考えるのが妥当なところだし、もし仮に名案だとしたり、すごく素敵なことがあったり、嬉しい出会いに遭遇したなら・・・・

そのときは間違いなくそのヨロコビを周囲に教えてあげるべきだと思います。情報の独り占めは後の孤独を招く恐ろしい行為だと知ってほしい。自分だけなんてことはこの世にないんだから・・・・

人はその勘違いでたいてい、苦しいときや嫌なとき、誰かを頼ったり、誰かに話したくなる。でも本当にその人を大切にしたいなら、苦しいことより自分の身に起きた嬉しいこと、プラスになったことを伝えてあげるべきだと思います。

でもたいていその逆をして自分を守ろうとする弱い人が多すぎます。
私の周りにもとてもたくさん存在していると思います。

自分の器の小ささを大きく見せたいがために守りに入り、格好つけて生きるなんて面倒くさいしバカらしい・・・・器が小さいならその器を美しく見せる方法を考えればいい・・・器が小さいならあふれるものを入れなければいい・・・・

そう、独り占めの恐怖から逃れる方法はただ一つ。
自分の器を知ること。
自分の許容範囲を間違いなく明確に知ること。

そして分不相応なものは居れずに自分より大きな器を持つ誰かに譲る。
この精神が心を豊かにするのだと最近実感します。

あきらめられない、譲れない、は一番格好悪いとあげはは想う。
人間ときにはあきらめる勇気、やめる勇気も必要。

そう、頭を下げることがいかに自分を育てるかを知って欲しいと想う。
自分の器を知ったら独り占めしてきた自分が恥ずかしくなりますよ。

こんなこと言ってる私もその勘違いを繰り返し、恥じた過去を持つ人間です。でも、人は気づいたときが始まり・・・・人生に遅すぎるなんてことないんですよね。
だから私は自分を知り、自分の器をよく見極めようと常に冷静に生きていたいと想うのです。
勘違いは気をつけていても不可抗力で目覚めたりするやっかいな感情。
でも大切なことは気づいたときに素直に自分の格好悪さを受け入れることだとも最近思います。

あげは2007年、器磨きに突入です。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://agueha.blog63.fc2.com/tb.php/312-8eae9d08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。