-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-16 16:03 | カテゴリ:モノローグ
夢が無い子供も多けりゃ夢の無い大人も多い

このご時世夢見るだけ無駄的な自暴自棄発想が蔓延するらしい


不景気極まりないこんな時代だからこそ、夢がめちゃくちゃ重要なのに・・・


人間は希望があれば生きられる


人間は夢があれば笑える


私は少なくともそう思っている大人です。



夢と希望は命そのもので、自分らしく生きる道しるべになるものだと思う。



どんな環境・どんな状況・どんな毎日だとしても
誰にも言わなくても、ただ漠然だとしても



夢や希望を胸に抱き、そしてその希望を現実にするために懸命になれることが
人を強くし、学び多き人生にしてくれるのだと思う



もちろん夢を見るためには現実を深く理解する必要もあり
ただの夢見がちな大人だけでは意味が無いとは思うのですが



目標を掲げ、その目標に対して今の自分がどうなのかを常に照らしあわせながら
一歩ずつ前進することが、とても単純明快な夢への道のりだと思う



私は夢の無い大人が増える世の中に子供の未来なんて描けるわけがないって思えてしまうので
子供たちに未来への希望を語るのなら、自身がまず夢を抱く大人でありたいと願う




私の夢は今の私にとってはきっと大きく、そして果てしない
だけどきっと、いつの日にか、こんなことのために懸命になっていたのか・・・
と自分を振り返りその夢の小ささに苦笑する日が来るのだろう、とも思う




目の前の自分、足元を確認しながら、遥か彼方に見え隠れする、希望の未来のためにある今でありたい





夢を抱く大人であるために、今私が出来ること


それはきっと今という現実に深く感謝することではなかろうか。



感謝とは希望を託す未来を描く第一歩なんだろうな。






管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。