-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-15 11:43 | カテゴリ:モノローグ
光の方へやみくもに歩いて、彼の方へ手をのばして。
どんな質問もせず、理解しようとしないで。
キミの精神を自由にして、それからキミの感情を開け放して。
するとキミはわかるはず、キミと僕はそんなかけ離れていないと。

なぜなら僕は信じている、愛がその答えだと。
僕は信じている、愛が導いてくれると。

暴力は世界中に広がっていき、路上で暮らす家族たちがいる。
大人は子供たちにドラッグを売って、
 今なぜ大人は自分の行動を理解できないのか。
今日、自分がしていることで僕らの未来を抹殺している。
今やお金が僕らの動機となってそれでよくなっている。

でも僕は信じている、愛がその答えだと。
僕は信じている、愛が導いてくれると。
僕は信じている、愛がその答えだと。
僕は信じている、愛が導いてくれると。

僕は今、一年余りリサと会っている。
彼女は一度も幸せだったことがないと言い、リサは恐怖の中で暮らしている。
ある日、父親が彼女がスラム出身の黒人に恋していることに気付いてしまうだろうと。
その時彼は平静を失うだろうけど、それでも彼女は僕とここにいる。
なぜなら彼女は愛はすべてを見通しいつか父親も理解すると信じている。
そして彼は僕をただ黒人としてでなく一人の人間としてみてくれるはずだから。

なぜなら僕は信じている、愛がその答えだと。
僕は信じている、愛が導いてくれると。
僕は信じている・・・愛がその答えだと。
僕は信じている、愛が導いてくれると。

愛が導いてくれるだろう・・・


管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。