-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-29 21:51 | カテゴリ:モノローグ
私にとって生きるうえで非常に大切な気持ちは尊敬です

人を尊敬できる人間でありたいと願い続けている
そして常に人に対しては敬意を表したいと願っている



しかし人間がまだまだ出来が悪い私は時に尊敬できないこともある
そしてそのたびに尊敬できない人に出会ったなどという
相手に非があるとでも言いたげな感情を抱く


そして後に気づく、尊敬できなかった小さな自分の姿に気づいてしまう


どんな方にでも間違いなく自分が出来ないことをできる才能があり
どんな方にも敬意を表すべきが人の道であろうとは思いながら


自分中心な物差しで人を評価してみたりすることもある

完璧ではないのが人間なのだろうが、この敬意と言うものを忘れることは
絶対にあってはならないと思っている

そして敬意を表せない自分に出会ったときは自戒することにしている

それほど人が人として愛ある人生を育むためにこの敬意というのは大きな意味がある


尊く敬う気持ちがどれほど器の要ることなのかとここ最近はつくづくこの計り知れないことの
重大さに驚いている


日常生活の中で尊敬という単語を用いて会話することがどのくらいあるだろう
人間ですから、思っていることを言葉にすることも時として大切だと想う


尊敬という言葉を会話にどんどん出すべきなのだが・・・出来ないということは
敬意が欠けているともいえるかもしれない


よく私は人に「深い」ことをよく言う面倒臭い人間と思われがちなのだけれど
自分ではもちろんそんなことは想わない
むしろ普通であり当然であり、まだまだ軽率だとさえ思っている



敬意を表すると具体的にどんな行動・言動をさすのか
尊敬の念を抱くことは具体的にどのようなことなのか
そしてそれを実行できているかいないか


どんな人にでも一度自分と向き合って考えてみてほしいと思う
なぜなら、私のいう「愛ある人間社会」には必要不可欠な想いだと感じるから





管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。