-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-22 13:59 | カテゴリ:モノローグ
一日の中でも常に体調の変化が起きていて、一瞬元気になったりさっきまでの元気が嘘のようにぐったりしたり
そんな当たり前の変化の中で息をしていると実感しているあげは美樹です


基本的に保守的な性格ゆえ変化ってなことが苦手でもあり、なかなか順応しにくい体質にある私は
変化=ダメなこととさえ思ってきた時期もある


変化を楽しんだりすることができるのは
だいたい変化した先がよき結果の時だけでダメな結果のときは変化のせいにしたりもする


同じ変化には変わりないのに・・・なぜか人間の弱さゆえ、マイナスが起きたらそれに言い訳を探し出す

平常心で居なければと考えているときはだいたい冷静な時であり、人間本性が出るのは有事のときだと思う
いつも勢いのいい人間でも有事が起きれば偉そうな態度も一変して急にシュンとなることもある


大切なことは自分を過信しないこと、自分を偽らないこと
どれだけ偽って生きたとて、所詮人間社会の中での出来事でしかないのに


冷静さを忘れた人間は日々の変化さえ敵になったり味方になったり・・・そんな人間をたまに恐ろしく思えたりして・・・・やっぱりお化けより何より怖いのは生きている人間だな・・・と妙な納得をしてみたり


勘違いしている人間は勘違いに気づけないから勘違いなのだけれど・・・

「人のことよりまず自分」


そんな言葉を父親に諭された最近
そうこの目に映るものではなく心の目に映る自分をもっとしっかり見ないことには始まらないのである


五感を授かったのは、その五感に感知する自分以外のことではなく、自分を戒める自分を見つめるための五感のはずが・・五感を自己都合で操る愚かな人間は、その五感で自分以外に焦点を合わせてしまうらしい


それもまた人間らしさなのだろうけれど・・・


毎秒、毎分、毎時 人間は常に微妙な変化をしながらバランスをとっている
バランスを取ろうとすることが既に生きている証ともいえるのでは?


人間はアンバランスになれない動物なんだろうな・・・と最近つくづく実感する


皆さんは自分の変化にどれほど気づけているでしょうか?
気づく心を育むために持ち合わせた五感が存在することをどうかお忘れなく・・・

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。