-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-11 08:13 | カテゴリ:モノローグ
笑顔を見たくて人を楽しませる仕事をした


笑顔に囲まれたくて人に喜ばれる自分でありたかった


だけど、あげは美樹、実はあんまり笑わない


けっこういつも素な感じで・・・・


大声をあげて腹を抱えて笑ったのはいつだろう・・・


笑顔を忘れてしまった私は小さな螺旋に蹴躓いた


どんなときでも笑顔でいられるそれってきっと強いこと


どんなときでも笑顔で過ごせるそれってきっとやさしいこと



強く優しい人間でありたい、いつしかそんな夢もあった



だけど笑顔は意外にも難しく、笑うことはダメなことなんじゃないかと思った時期もあった



なぜ?


贅沢で苦労をしらなかったから


私はある日知ったことがある、ここまで来たら笑うしかないなって・・・



笑うしかない所まで行ったことだってあるってことをまた最近は忘れてるんだな



笑顔って意外に少ないんだよ、最近のこの町には・・・


涙も枯れ果て、精魂尽きて、追い込まれて、苦痛を乗り越え、幸せも知り、喜びも分かち合い・・・


そんな人間に最後に残るのは、笑顔しかないんだってこと



自分が今泣いているのなら、まだまだ泣けるだけ大丈夫ってこと


自分が今苦しいのなら、苦しめるだけ問題ないってこと


人間の行き着く先にはきっと笑顔だけが残るんだろうなって・・・ほんとに思う


だから、笑えない人がいるのなら、ある意味幸せなんだと思うよ


そして笑えている人がいるのなら、きっと幸せなんだと思うよ


ほら、そうだよね


人の進む道というのはきっと幸せしかないはずなんだな


それに気づけない人が多い、だからこそ人なんだろうけど・・・


他愛もない、独り言です、そして超個人的見解です



お付き合いくださり、ありがとう

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。