-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-15 19:30 | カテゴリ:モノローグ
今回の震災で数々の報道番組が連日連夜めまぐるしく放映されていますが


中には驚くような報道もある


本当に必要なことではなく、被災地のドキュメント的な悲惨なシーンなども過剰になりつつある


以前私にはニュース報道のドキュメント番組の方より難病患者として生きていることを取り上げたいというお話があった。



驚くのが、そのリサーチの質問


「悪化する予定はありますか?」


とか、


「命の別状がある病気ですよね?」



などのような恐ろしくバカげた質問が多かったのだ



死ぬの待ってるのかしら?と疑いたくなるような報道関係者も実在しているマスコミの恐ろしさを実体験した私



挙句の果てに、視聴率のためにはとは言わないけれど、視聴者観点で行けばという言い方で、これまでの病気はよくて、その後に続くドラマが必要



悲惨な病気を克服して大きなものを成し遂げる予定はないか?


など



私はこの身体で社会人として生きているだけでもどれほどのことかわかってるのだろうか?



と言いたくもなるような恐ろしい質問や会話の数々に日本のマスコミ業界への不信感を抱いたのは事実



今回の震災でも本当に必要な情報をもっと必要な場所へ流せるようなことを考えて


つぎはぎで作り上げた被災していない側の人間からの視聴率のための報道は控えてほしい



これだけ節電を歌っているのだから、必要で流すマスコミ関係者はそれを踏まえた情報提供をしてほしい



ただただ日々報道される番組を見て多少の憤りを感じるあげは美樹でした





管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。