-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-03 02:14 | カテゴリ:モノローグ
心に映るものを信じて生きてきた時間


誰の言葉より目に映るものより、心に感じたものを重要視して生きてきた


それがいいとか悪いではなく


ただそうだったという過去の時間


清らかな空気が心を洗う静まり返った夜の回廊


自分の足が感じてるのは冷たさの中の木のぬくもり


時折きしむ静寂の先に未来の自分が見えた気もする


この静寂もこの冷たさもこのぬくもりもこの景色も


きっと誰かが人知れず作り守ってきたものだろう


この景色が持つ記憶をたどり、安堵感を覚えた私が居る


誰かが守ってきたものは、この静寂に解けた幼い夢


時間と共に色あせるはずの、自分に帰れる場所に会いたい


きっと私は間違ってきた


私が行ってるんじゃない、この場所が会いに来てくれたんだ


私が過ごしているんじゃない、この時間が私を迎えてくれてるんだ


そんな大切なことに気づかされた夜が


私を少しだけ素直にしてくれた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。