-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-10 12:31 | カテゴリ:モノローグ
ステロイド&アザチオプリンを減量して数日経ちますが・・・


1年半ほど前までは経験してた、あの独特の気だるさってのを久々に実感しております。



あまり疲れなんかを自覚しないタイプなんですけどね・・・


どうやらこのステロイドってのの減量時にはいつも1カ月?2か月ほどダルく重くなるんです。


なんとも表現しにくいんですけど、特に体調が悪いってことでもないんですけど


元気不足っていうか、ちょっと鈍いというか、不思議な気だるさがあります。


たった1ミリあの小さな錠剤を飲まないだけなのに・・・・不思議なものですね。


逆を言えば恐ろしいってことですよ、あの薬のパワーは。


今日は朝から竪琴を探していました。


ハープをね物色中なのよ。


でもピンと来るものはないので・・・ハープと縁があれば、そのうち自宅に来るだろう。



ってお気楽な感じです。



秘薬のおかげでお通じも完璧だし絶対に太らないし代謝は上がってると思います。



だけど、ステロイド1ミリの力に持って行かれそうな・・・・この嫌な感じ。


慣れるんですけどね・・・こうして55ミリから2ミリまで減量させてきたんですもの。


減量のたびに痛感した、ちょっとばかし虚弱な身体ってのを今また実感中。


だけどまた増量させないように気力で耐えないとね?。


だって主治医に約束したもの。


「あたしは先生を世界で初めてSLE完治させたドクターにしてあげる!」ってね(笑)


はい、基本いちいち上から発言です(笑)


診察させてあげるって感じ?(笑)


SLEの診断が下れば一生完治しないと言われていることにさえ疑問を持ってるあたし。


一人でも完治した実証があればいいんでしょ?ならやってやろーじゃないの!


くらいのね(笑)


この根拠のない自信、恐ろしかろ?



少し休んで少し作業してとマイペースになっちゃいますが・・・



自分なりにこの身体とバランスをとっていきます。



独特のダルさ・・・・・は?大変だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。