-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-31 10:42 | カテゴリ:モノローグ
最近世間で恐ろしいほどの育児放棄、虐待事件が報道される。


あげはライブプベルではその辺りにも少し言及した内容を盛り込んではいました。


しかし、あげは美樹、この犯罪者であると言われる親を完璧に否定できない自分がいます。


確かに、結果殺人者のような親は許されるべきではない。


だけどそこに至るまでの過程すべてを知っているわけではない私たちは安易な判断をすべきではない。


そう思うわけです。


なぜなら、確かに己の欲望、今を重視して、我慢できない大人になってしまった人は親という責任から
のがれたいという現実逃避を繰り返した末に起きている事件だと思う。

だけど、責任という言葉から逃げている大人は当たり前のようにもっと大勢いるわけで。

親と言う責任、大人という責任について、彼らを完全に避難できる人間ってあんまり実はいない気がする。

たまたま、周りの力やありがたい環境で私たちは当事者になっていないだけで、自分にも十分に起こりえることだと思ってしまうから。

あげは美樹、育児放棄したことありますもの。

だけどね、子供の父親も非難しながらでも手を差し伸べましたし、周りに助けてくれる人がたくさんいた。

子供なんていらないと23歳だった私は本気でおもったこともある。

なんなら、男に子供を作られたという勘違い甚だしい被害者意識さえありました。

その上この子を殺してあたしも飛び降りようと毛布に子供を包んで真冬の自宅を後にしたことも事実です。

それでもあたしは、たまたまの幸運にたすけられ、思いとどまり、帰る場所を持ち、犯罪者にならずにすんだ。


それは、本当にたまたまと言えることなんだと思っています。


苦しさというのは、逃れれば逃れるほど押し寄せてくるということに気づけない若さ。

一番痛いのはその無知である自分を知れない現代の環境。


この犯罪はすべて一個人の彼らだけの責任か?と考えたら極論だけど、総理大臣ってその責任を感じたこと
あるんだろうか?って・・・・


会社で部下が不祥事を起こしたら上司や代表もすべて含めて責任取るしね・・・・じゃこの国の中で起きた
いたたまれない事件の責任は一個人だけの責任じゃないわけで・・・

もちろん取れる責任なんてないのが責任なのだけれど・・・・これもまたよく「責任とります」ってセリフがあるから、責任はとれるものと勘違いしている人間がいかに多いか・・・・

あたしは、犯罪者だったかもしれない、すべては人ごとじゃない。
そう感じながら生きてほしい願いのために真実を報道する信念を持つメディア関係者もいる。


数字を追いかけ、評価を求めるだけの、メディア関係者もいる。


あげは美樹は人生の中で、何度か育児放棄、しましたよ。

だけど今私は結婚式なんかを扱う立場や今までの実績を評価されて社会的に批判されることは少ない。

だからこそ自己批判を繰り返してしまう。
大切なことは周りの評価ではない、自分の歩いた道を一番よく知っている自分が、世間が許したからとて
許すべきではないのだと、汚点を忘れない自己反省をし続ける心なのだと思う。


絶対なんて言葉はないけれど、世の中の母親全員、
きっと育児放棄に近いこと考えた人ほとんどじゃないのかな?

その点この事件においても父親ってのがあまり問題視されないことが問題なんだよって言いたくなる。

離婚したって、子供の父親は存在するだろーさ。
紙の上の話だけじゃなくさ、この今回の事件の父親は彼らを気遣ってたのか?なんて疑問を抱いてしまうわけよ。


母親は子供にとって大切な存在であることは確かだよ
だからこそ、母親のくせに子供を放置・・・って非道く非難されるけどさ。

子供の立場からすれば、親に男も女も関係ないっつーの。
親は単に親なのだよ。


親としての責任はその親のまたその親にもあるわけよ。
断片的な問題じゃないんだよ。


心の荒んだ人間がノウノウと涼しい顔して歩いているこの世の中が恐ろしい。
だからあたしは自分の過去を綺麗に彩ることはしちゃいけないんだと思う。

もちろん、今はここに書いたすべてに反省もし、あり得ない自分だと思うし
助けていただいたすべての方々に感謝の心忘れないようにしたいと願っています。

あたしは一人だったらきっと息子をここまで育てられなかったよ。
沢山の人の力でやっと小さな命をひとつ守れたよ。

沢山の大人の手でやっと1つの命をはぐくめる。
これほどまでに、大人の小ささががうかがえる世の中なわけで・・・

それだけ考えても、この国は破滅に向かってるよな・・・って思う。
そろそろあたしも自分の人生考える時期なのかもな・・・・



孤児院でも開園しようか、そして子供たちから学び続ける人生を送るべきか・・・

世の中なんか間違ってる。

だけど正しいことが必ず人を救うわけでもない。

間違いでも正しくてもダメってことは、そう、笑うしかないってのがこたえよ。

笑える余裕、笑える隙間、心の中に持っていかねば。

そしてあたしはそのためにそんな場所を作り続けるべきなのだろうな・・・


考えさせられるよ毎日ね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。