-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-16 21:45 | カテゴリ:モノローグ
ここへきて最近妙に実感することがある。

ヒトの繋がり、充実した人生の足元にはいつも、必ず誰かの想いだけに救われているという事実

ここまでの社会人生活の中で本当に多くの人と出会い、多くの人間関係を構築できた私ですが、

そのすべては暖かいハートを持った人たちの愛情に許され、受け止めてもらってきたこと。

今あげはスタッフと言われているというあたしの側近で共に現場を歩いているみんなはその中でも

すごい人生の決断をし、毎日が不安定でトリッキーな時間にも関わらず、あたしの歩くまるで平均台

のような細くあぶなっかしい道を共に歩こうとしてくれる。

そこには何があっても絶対という彼ら一人一人のだれにも左右されることぶれることのない意志がある。

誰がどんな誘惑で誘っても必ずあげはを優先でと考えてくれた愛情がある。


もちろん長い人生の中です、その誘惑に負けた人もいる。
あたしの近くから去った人もいる。

だけど、そのたびに想う、きっと彼らのその弱さが最終的に彼らを苦しめるだろうと。

私は今、そのすべてのヒトの想いだけという形ない意志に人生、命をかけて答えていきたいと
本気で考えている。


自分よりヒト、そう生きてきたことは、確かに不器用で確かに遠周りの人生かもしれないけれど
その決断の横にあったヒトを想う純粋な感情に恥じないように、すべての周りの方に恩返しし続けたい
そう願っている。


こんなにも無力で小さな私と人間の伴走を引き受け続けてくれる人、そして走り続ける私たちを
沿道から大きな声援で応援してくれる人、そのすべての方にこたえられるように、一歩ずつ必ず
心の重みを感じて進んでいく私であることを証明し続けていきたい。


そう願っています。

ヒトの想いだけで繋がり続ける不思議、喜び、感謝、それが私の人生そのものであったと死期が訪れたときに
必ず伝えられるように・・・・


管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。