-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-11 10:00 | カテゴリ:モノローグ
先日報道でも大きく取り上げられたオリックスバッファローズから読売ジャイアンツに移籍が決定した高木康成投手。


来る12月12日は彼と最愛の女性との結婚式が挙行されます。


野球というスポーツのプロとして生き、そのシビアな結果社会の中でこれからも大きな飛躍をするであろう彼。


しかし私が彼らの結婚式を手掛けさせていただこうと決意できたのは、その彼の生きた社会の後ろに走るネームではなく、彼の傍らで支え続けた一人の一般女性の姿があったからだった。

誰もが有名人のお相手と結婚となれば、その名前やその背景を見て心ないことを考えてしまうこともよくある話。
それを否定するつもりは毛頭ないけれど・・・

私のこだわり続けている結婚という観点には新郎新婦の職業や地位名声なんてどうでもいいこと。
どうでもいいと言えば語弊があるかもしれないので誤解はやめていただきたいのですが、人と人がその想いをつなぎ合わせ生涯を共にすると決断においてはだれしもがいつになくピュアになれる瞬間だと思ってきた。


純粋に愛だけを心に抱き、ともに歩くことを決意していると信じたい

だからこそ、あたしがはじめて出会った彼女の言動、行動、その瞳に映る一人の人間、女性としての姿に共感した。
彼女はいつも出来るところまで、自分の力で自分の思いで乗り越えようとしてきただろう。
彼女はいつもだれかに甘えることに罪の意識さえもっていたのではないか?そう感じた


それは、いつの日にかの自分に見える瞬間がたびたび脳裏をさえぎることだった。
あたしは、誰かに頼るのではなく誰かに甘えるのではなく、自分の出来る範囲の中で最大限の努力をし
それ以上を望まない、それ以上はあきらめるものだと思って若き日を生きた。

一言にすれば甘え下手なのかもしれないけれど、そんな私の姿に酷似した彼女の姿があった。
まっすぐに見据える瞳、今にも言葉を発しそうなまなざし、それでも声にすることなく微笑みに変える。

その笑顔に時として切なさを感じたのは否めない。

そのころの私にできることなんて何もないかもしれない。
だけど、何もしないよりできることをすべきではないか・・・そう思えたから、多くを語らず彼女の結婚式
作りを後ろからサポートできることを望んだ。


今も彼女は私の多くを聞かない。
信じていいのか信じれるのか?いや信じようその葛藤の中で今日現在までを過ごしたようにも思える。

だからこそ私は長い時間心の眠らせていたこの想いを12日の本番で思い切り形にしてみようと思えている。
私は器用にみえて恐ろしいほど不器用な人間です。

不器用な私ができることはぶしつけなことも多いかもしれない、それでも彼女の結婚式がこの世の誰の結婚式よりも
心に深く突き刺さるほど永遠の記憶になってほしいと願っている。


その想いはきっと誰にも負けない気がする。
自尊心も含まれているだろう。当事者である本人たちが誰よりも願っていることだろうと思う人もいるかもしれない。

でも私は彼女たちから二人の描き出すその空間を任された人間として彼ら以上にその想いを強く持つことは当たり前のことだと認識してきた。


人それぞれ感じ方にはいろんな方向や形がある。
私にできることは何かを伝えることではなく、来賓一人ひとりの心の扉を開けることだけだと思っている。

慣例という形式に弱い日本人の重い心の扉をマックスまで開ききれたら、私の仕事はそれ以上ないと思っている。
開いた心に溶け込む感動は私が作れるものじゃない。


二人が生きた過去、今日の二人の幸せな姿、そしてこれからの堅い決意を込めた彼らの想いが心に溶け込むだけで
十分だと思える。

私は今言い聞かせている、欲に負けてちょっとでも良く見せようとか、ちょっとでも格好つけようとしない自分であるように・・・等身大のあたしがマイクを握ってそこに建てるように今二人を思い描きながら生きた言葉が生まれるように心の浄化をしたいと願う。



心からの言葉とは、形式ではなく、誰かに伝えられるものではない。
だけど、聞いたことがない言葉でもそこに魂がある限り、人間には伝わるものであると信じている。


彼らの人生にとって12日の結婚式が終わった後から後からじわじわとボディーブローのように湧き出るように
今年のために残ったあたしのパワーをすべて注ぎ込めるように、12日以降倒れてもかまわない。

自分の時間を無くしてもかまわない。
それほどまでに強く願い、彼女のあの澄んだ瞳に生涯の糧になる感動が映し出せるのなら
それ以上は何も望まない。

さて、残りの制作とイメージを広げてカウントダウンが始まったラストスパートを走り抜けたいと思います。

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。