-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-03 03:33 | カテゴリ:モノローグ
和馬と久しぶりに語った。

和馬はあ?見えて結構マイナス思考な男である。
そして素直で純粋な男でもある。

それゆえ、「おまえはあほか?」と否定したらそのまんま受け取る素晴らしい取り柄がある。

しかし・・・たまに褒めるのこれまたそのまんまなので素直に受け取り勘違いに走る・・・(涙)

素晴らしい生き物なのです。

私はこの3年和馬の才能を見出し開花させたいと本人は気付かぬところで多くの仕事を頼んできました。数年計画です。

そしてある才能に私は着目しました。

「無責任でビビりで言葉足らずなところ」です。

無責任で言葉足らずな言動を片っ端から重箱の隅をつつくように指摘しまくりました。
案の定その部分を気にしすぎて余計にひどくなりました。
気にすればするほどあせりビビり彼は尚いっそう輪をかけて言葉足らずになりました。

それが狙いでした。
和馬のその才能は文章を編集するという仕事にかなりの貢献ができるようになりました。

他人が書いた文章を無責任だから書いた人間の気持ちなど無視してにあちこちカットできます。
説明が面倒臭いのでいつも言葉足らずなので編集作業でも無駄な作業は行わずいい感じで中途半端なニュアンスでまとめます。
ビビりなので完全に説明しつくすことは避けます。

その結果出来上がる文章は完璧に要点だけをまとめなおかつ説明しすぎず適度に答えを残した素晴らしい内容に出来上がります。

これ才能です。

本人気付いていません。

まだ完璧とは言い難いですが、ある意味才能が開花しつつあります。

そして私は説明しました。
才能があると言われれば褒められた感をもつ愚かな人間が多いこと。
才能とは常に両刃であること。
そして才能とは常に自分で実感できるマイナス面を示すことが多いこと。


和馬のほめられたい部分は才能ではなく煩悩であること。
和馬の見られたくない部分が和馬の才能であること。

その嫌いな自分が自分を救うのだと話て自分を守るすべを探してほしいと笑ってみた。
キョトン面の和馬に思わず噴き出してしまいそうになった・・・

日々勉強ですね・・・生きるってことは・・・

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。