-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-30 10:21 | カテゴリ:モノローグ
さて夕食の時間になり・・・明洞の街をぶらぶらしつつ、結局恵化へ移動することにしましました。
日本人のための観光スポット明洞の見慣れた風景からご紹介

IMG_5764.jpg
店と店の間の道にはたくさんの露店が並び、おもいっきり日本語で・・・安いよ~・・・みたいな。
だから明洞あんまり好きになれない・・・わけです。
IMG_5766.jpg

ってなわけで比較的近くの恵化は成均館大学あたりの学生通りまで行き、夏に訪れた鉄板焼きのお店「豚夢」に再来しました、さすがは学生街、めちゃくちゃ安い。
IMG_5770.jpg

食べきれないほど注文しても・・・一人だいたい600円(笑)
IMG_5782.jpg
IMG_5791.jpg
IMG_5794.jpg

恵化まで来たのなら・・・ってことでやっぱり夜カフェはお兄さんのSPANAです(笑)どんなけ好きやねん!!って言われそうですけど、本気でおいしいんですよ、ただのコーヒーじゃない、あれは奇跡の味です。
IMG_5803.jpg
IMG_5413.jpg

珈琲とチーズケーキを堪能して・・・明日の一日の予定を打ち合わせて・・・
帰りは地下鉄乗継で移動することにして、ホテルの近く界隈も散策方々ぶらり歩き。
IMG_5821.jpg
IMG_5817.jpg
途中で見つけたのは・・・瓦割ったらぬいぐるみくれる的な路上店(笑)
高さに合わせてぬいぐるみの大きさ変わるみたいです・・・(笑)日本では見ない光景ですね。
IMG_5808.jpg

このころには体調絶不調だった私がとても快調になっていて、かなりの元気復活。
韓国料理&地域散策&十分な睡眠で数か月分の疲れがドバッと抜けるんですから驚きです。
健康&美容大国韓国は素晴らしい療養地でもあるのです。
IMG_5811.jpg

初めての海外での旅の楽しさがわかってきた様子の息子さんはとにかくテンション高くて・・
夜には興奮と疲れで妙なノリになってました。。。(笑)
それでも彼の人生観が大きく変わる出来事になったのは間違いない様子で、チャレンジ精神とか
やってみなくちゃわかんないってのを実体感できた様子が手にとれるようにわかり、韓国語も英語もとりあえず使ってみようとするさまがとても印象的でした。


明日はいよいよ最終日のお話、夜の遅いエアーで帰国したので3日目も朝から目いっぱいウロウロできましたが、最終日ともなればみんな慣れてきて色んな笑いが生まれました。

明日もまたお楽しみに~♪
IMG_5820.jpg
スポンサーサイト
2013-01-29 19:06 | カテゴリ:モノローグ
ぐっすりと睡眠をとった翌日はゆっくり目に起床・・・したはいいけど・・・
またもや鼻血が・・・ってなわけで予定より少し遅れてホテルを出発!!
まずははらごしらえ。。。ってことでオシャレなカフェにてモーニング♪
IMG_5581.jpg
ガーリッククルトン&ベーコンのかなりおいしいサラダさん。
IMG_5597.jpg
クリームチーズで頂くオニオンベーグルは最強に美味です。
IMG_5596.jpg

腹ごしらえも完了したので一行は和馬氏の希望だったユネスコ世界遺産を目指すことに・・・
しかしこの25分ほどの道中にはとても美しいお寺など歩いてこその発見がいっぱい。
こちら仏教のお寺曹渓寺
IMG_5606.jpg
夜はライトアップされてめちゃくちゃキレイですが、これは昼間の写真

ホテルがある場所が鐘閣で、少し歩くとめちゃくちゃアートな街、仁寺洞を横切ります。
この巨大な筆モニュメントが目印でなんせ書道の店や絵画の店やギャラリーなどがかなりの数存在します。
IMG_5612.jpg

通りすがりに栗売ってたので・・・とりあえず食べる(笑)
IMG_5613.jpg


まったく美味しくない・・・ってか甘くない(笑)口の水分持って行かれる感じで栗と言うよりはカスカスのさつま芋ちっくな食感。何事も経験です(笑)

そこから歩くこと約20分で目的地に到着!デカっ!!って全員声を上げたほどの見事な門
世界遺産はこの門をくぐりず~っと奥にあるそうな・・・
IMG_5618.jpg

IMG_5624.jpg
IMG_5623.jpg

そんでもってこのすぐお近くにもうひとつの世界遺産があるってことでそちらへ移動
向かうは宗廊
到着はしたものの・・・看板に毎週火曜日は定休日と・・・(笑)入れなかったのよ。
IMG_5644.jpg

IMG_5647.jpg
IMG_5632.jpg

李月南先生って書いてたのできっと偉い人なんだろう・・・・
IMG_5650.jpg

先生像の後ろには万歳ちっくな顔顔・・・そして顔。
ってなわけでとりあえず仲間入り。
IMG_5653.jpg


この時気温はだいたいマイナス3~4度程度でした。
結構身体冷え初めまして・・・・そろそろお昼ご飯や~んって話をしてたら、歩いて行けるところに大きな市場があるってな情報ゲット!!!もちろん行きます行きます(笑)

歩くこと約15分、昨夜の広蔵市場の反対側のエントランス!!ここは食べ物の入り口じゃないのでまだ人ごみも少ない感じ。
IMG_5658.jpg

市場の中はこんな感じ♪
IMG_5663.jpg
IMG_5679.jpg
IMG_5673.jpg
IMG_5685.jpg
IMG_5691.jpg

衣料品や韓服や婚礼用品店や布団・生地店などを通り過ぎたら、やっと食べ物のマーケットが見えてきました。やっぱりこの時期はシーフードおいしいよね・・・
IMG_5684.jpg

ってことで入りました、名物料理タラのチゲ鍋!!これホントに絶品すぎる。
毎日食べたい!
IMG_5704.jpg

白子の数の多いことにはみんなびっくりです。身体あったまるし、かなり健康になれる食事
韓国料理最高!!!
IMG_5713.jpg
IMG_5707.jpg

ご飯も食べたし~夜の予定までいったんホテルで休憩すべし!!と一行はホテルへ向かいましたが
この鍋のおかげで体の浮腫みも何もかも改善しちゃいまして、風邪も治ったの。。。恐るべし韓食。

ホテルでしばしの休息&夜の希望だった観劇チケット手配のためにしばし時間つぶし♪
息子君は休憩どころかずっとトランプで遊んではりました・・・
IMG_5717.jpg

夜は明洞へ!町自体はあまり好きじゃないけど劇場があるので来ました~♪
IMG_5731.jpg
そうNANTAを観劇に来たのですよ。
IMG_5741.jpg
IMG_5752.jpg
IMG_5754.jpg

この後約1時間半の公演を満喫してトラテンションマックスになり・・・一行は夕食に向かいました。


夕食~3日目はまた後日ね~
ってなわけで、今日はこのへんで~♪
2013-01-26 12:25 | カテゴリ:モノローグ
ってなわけで・・・いつどうなるかわからない体調の中
予てから考えていた息子との海外旅行を決行!もちろん二人だけだと問題も多々!
なわけでチームアゲハの有志が付き合ってくれまして・・・貴重な経験をさせていただきました。
IMG_5366.jpg
何もかも初めての息子さんは不安と期待が入り混じり時に変なテンションになっていましたが
人の優しさや言葉や文化の壁を超える人間同士のつながり、など色んな経験をして韓国最高!って言ってました(笑)単純な息子ではありますが、やはり、そんなもんです、やってみなくちゃいってみなくちゃわかんないことだらけ!今まで全く興味のなかった海外旅行は彼のこれからに大きな影響を与えたようです。

今までやる前に諦めたり食べず嫌いだったりしたことも多いのですが、このたびを通じてとりあえずやってみるというチャレンジ精神が芽生えた様子で見ていて嬉しいことがいっぱいありました。
IMG_5422.jpg

初めて目にする活気溢れる市場の様子やオシャレカフェの雰囲気にトラだけでなく参加者全員が感嘆の声をあげ、食べるわ食べる・・・食べ物の安さも後押しして、とにかく初日から食べ続け(笑)
IMG_5413.jpg
IMG_5499.jpg
IMG_5491.jpg
IMG_5473.jpg

IMG_5485.jpg
20年前同じ大学で共に学んだ韓国の友人にも再会出来たことも今回の旅の大きな財産です。
私や息子そしてみんなをもてなしてくれて色んな所に連れて行ってくれました。
IMG_5484.jpg
IMG_5505.jpg
IMG_5504.jpg

ちょうど滞在先のホテルがかなりのシティーセンターだったので夕食の帰り道はちょっとした市内観光が出来まして・・・トラもみんなもテンション&疲れマックス(笑)
IMG_5555.jpg
IMG_5573.jpg
IMG_5532.jpg
IMG_5542.jpg
IMG_5525.jpg
IMG_5560.jpg

朝4時起き~の一日歩きまくりで・・・半分意識が無くなりそうだった初日はちょうど深夜0時ごろに幕を下ろし・・・速攻ホテルで全員爆睡(笑)

疲れを癒して2日目に突入するのでした~♪
2013-01-19 12:57 | カテゴリ:モノローグ
気血の巡りをよくして身体の流れを整える

今の私にはとても重要なこと

私のような病人でなくとも健康維持の秘訣であるこは間違いない


人間の身体は食と運動でそれなりに寿命まで全うできる凄い精密構造なわけで
本来なら自然のままに人間の自然治癒力によって60年ほどは保つだろう

しかし私はその年齢が半分程度のところで健康とは程遠い病人になった

それでも生きている限り健康に配慮することは非常に大切で諦めないこともまた
とても素敵な行動なのだ!と思い


気血の巡りについては日々何かと意識するようにしています
簡単なストレッチはもちろん、腹筋の重要性も考え、日常生活の姿勢や呼吸
そして手軽な屈伸運動などもちょこちょこと継続しています


易疲労という私の病気の一番大きな特徴的症状が過酷ではありますが
少しのことでも疲労が蓄積しやすく、そして疲労が回復するまでに要する時間も
これまた人何倍!!


それでも出来ることを少しずつでも続けていくことが大切で
そのためにも意識を高く持つ、意識する余裕のある環境づくりをする努力も
怠れないわけなのです



気血の巡り、身体の流れが、滞りにくくなるように、食事・睡眠・運動・息抜き
このバランス具合を自分の生活にあったスタイルに構築できるように
毎日の自分の生活を繰り返し見直し、確認していきたいものです


言葉で書くと何故かどこにでもある健康記事のキャッチみたいになっちゃいますが
本当にこれを具体的に形にして行動することってなかなか継続できることじゃないんです
それを継続するから力になるんだ!そう信じて、今日もまた代謝をあげるために
がんばるぞ~!!
2013-01-17 08:11 | カテゴリ:モノローグ
あげはワークス、あげは活動を継続している今ではありますが
仕事や活動以外でも私には大きな役割ともいえる業務が「母親業務」

業務と言えばいささか聞こえが悪いけれど、
一日のほとんどを自分のために生きている私にとっては
大きな業務であり責任であることは間違いない。

息子が今年14歳になる。
想えば14年間ものあいだ母親という大役をさせてもらってきた。
しかし、14年のうちほんの1年分にも満たない程度の母親らしい
ことをしてやってこなかったのは本当の話

あるときは出来の悪い母親と揶揄され、あるときは育児放棄とみなされ
またあるときは、母親のくせに・・・と色んな意見を耳にしてきた。


それでも、私はこの生き方を辞めようと思ったこともやめたこともない。
人それぞれ母親という像があるように、私にだって自分なりに描いた母親というものがあった。
たとえそれが一般的ではなく、否定される愚かな考えだったとしても貫いてきた。

それが息子にとってのもっとも母親としてすべきことだと思ったからだ。
自分の生き様を貫く、どんな攻撃にも否定にも覆らない信念を抱く
これが私にとって最も大切な息子への教えだと思ってきたから。


そして教えとは口先や教科書でどうこうできるものではなく、生きざまで見せ続けていく
それだけで十分だと考えてきた。


反面教師もあるだろう、息子は息子なりに自分の生きる道を見出すだろう。
それで良い、私を見て、感じて、息子が出した答えを、
私はただただ見守り応援することしか出来ない。

そして私は私の生きる道を歩み、息子は息子の生きる道を歩けば、同じ道でなくても良い。

話が長くなってきたけれど・・・
私は今14年の中で初めて、息子のお弁当を作っている。
人に言わせれば当たり前の母親業務なのだけれど・・・・
この身体を抱え、仕事、活動をこなしながら、毎朝持つお弁当を欠かさず作る作業は
実のところ、私にとっては身体が悲鳴をあげるほど過酷な作業なのだ



それでも私は、寝る間が無くとも、作り続けている。
そして昨日、とうとう、ITP患者にとっては恐ろしい鼻血が止まらないという事態になった。
数時間ずっと鼻血が出続け止血出来ないような、一歩間違えば生死にかかわる事態だった。
お弁当のせいだけではないけれど・・・やはりその影響は大きい


それでも今朝、またお弁当を作った。
唯一、私が初めて息子のためにしていることなので、これだけは・・・
と思っているつもりだ。


命と引き換えの仕事、家事、活動、すべて息子は不安でしかない
負担が大きければやめてほしいと思っていることも多いそうだ(人にたまにこぼすらしい)
それでも息子は今まで一度たりとも私に何かを辞めてと訴えたことはない

だから、私もどんなに過酷で命がかかろうとも決して歩みを止めることも決意を曲げることもない。


心にどれだけのことがあろうとも自分が我慢をすることで私への負担を減らそうとする息子を前にしたら
余計に途中で投げ出せないことを思い知る。

お弁当作りを辞めない理由はもう一つ、ただお弁当を作り、ただ食べている。
それだけなのに、息子がとても安定してきている事実があるからだ。
何もしてやれなくても、ただ沢山食べてくれるように思いを込めて食事を創るだけで良い。
それだけつながりあえるから親子なのだろう。


勉強もスポーツもアートも音楽も・・・何もかも若干出来が悪い愚息ではあるけれど
こんな出来の悪い母親の元に育ってきたけれど、息子は精神的にとても安定し少しずつ大きくなっている
そんな息子を見て私はまた、学ぶ、世の中すべてが感謝なのだ。と・・・


小学校低学年より入院通院を繰り返し、息子のために生きたことがなかった私だからこそ
彼の今が形成されたのは間違いない。

良いことも悪いことも含めて、コレで良かったし、これしか無かった。
これから先も私はきっとこの生き方を貫くだろう。そして息子はまた私のために沢山の我慢をするのだろう。

そしてその時また私は言うだろう、コレで良かったんだ。と。
おめでたい性格だとよく人から言われるけれど、出来の良い母親を目指した覚えもないし、きっとこれからも彼のために、目いっぱい不良母を極めるつもりだ

自分の幸せが何かを知り、その幸せを実感しながら生きている、輝いている母親こそ
私の理想の母親なのだ

家族や子供の犠牲になったと、実の母から聞かされた小学生時代
私のココロに刻まれた想い。

それが、自分の幸せのために生きてくれる母親だった。

子供のために何かを我慢したり、与えたりすることが、喜びや幸せではなく
不平不満だった私の母親


その母親を見て、感じ、同じ哀しみを子供に与えないために
今日も私は自由奔放に生きるのだ。
子供のために自分を犠牲にしたなんて一言たりとも言えない私になるために
息子にバカにされ、あきれられ、そして愛される母親でありつづけたいと今心から願う。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。