-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-22 00:49 | カテゴリ:モノローグ
あげは美樹、どうしてもどんなに頑張ってもマイナス思考になれません

なぜなら、私はプラス思考という病気だからです


ここまで来たら私のプラス思考は病的とも言われ始めました(笑)


起こりうることすべてが、プラスでしかないわけで・・・
何が起きても、この時期で良かったんやん・・・から始まり、それが無いと一生気づけなかったから感謝と言い
色んな考えの人が存在するんやな~と勉強になったなぁとつくづく深謝し・・・・
どんな状況になろうが、この世で起きたことはこの世で解決するわ・・・と受け流し・・・
命があればオールOKと笑ってしまう結末を迎える



だってね・・・考えても見てください、プライドとか自分の弱さみたいなものを知られないようにとかなんとか
隠そうとしたり、自分の精神的な欲?が邪魔するからマイナスにしかなれないわけでしょ?

良い意味で開き直っても見てくださいよ、小さな可能性がきっとたくさん目の前に転がってるわけで・・・


マイナス思考になる人はきっと弱い自分を隠してしまう臆病者かもしれません



私もその昔はそんなところあったと思います。
だからわかるのだと思います。私が生まれてから一度もマイナス思考になってないわけでもないし
特別な人間でもあるまいし通りすぎた過去の記憶を洗い出してみても、やっぱり私はマイナス思考を持った時期ありますよ。



だけど不思議なものでね・・・
自分の小さな殻に閉じこもってた頃ってのがたいていマイナス思考時期だったりするのです



開き直るってのも間違った方向に開きなおるとはた迷惑というか、ただの棚上げ星人になるのでね




素敵な開き直り方を見つけてください♪


何もかもを笑える日が絶対やってくるわけで・・・今起きている史上最悪かもしれない出来事は
多分今後やってくる未来のための笑いや話のネタですねん





いつの日にか、そんな自分の過去をネタに大声出して笑えるように、今必死に、
一生懸命なりふり構わず生きてください。



人目を気にしてプライドという殻に閉じこもっているうちは、きっと本物のプライドなんて見つからず
多分プライドと想いこんだ見栄しか手に入らないかも



見栄と体裁はプライドではありません



自尊心または面子あなたはどちらのプライドを望みますか?
出来ることなら、そのプライドが誰かを守り、自分を愛するものであってほしい



私は今や色んなマイナスを脱ぎ捨てたプラス思考人間です

なぜなら・・・プラス思考、これが私の病気だからです。
難病患者らしくなっていたなら、この病気も去っていったやもしれません



だから、私は自分の病名を聞かれたら、プラス思考病ですと、答えます


これが、面倒で厄介な局面に一番効果的な笑いに繋がるからです。
煩わしいことは笑えば良い!今はそんな日常を心から楽しんでいます



しんどいことも、日々の疲れも、すべては生きているから起こるのです


すべての嫌な事柄は生きている証拠!!!


生きていることが、なぜ素晴らしいか知ってますか?

みんなの答えに興味深々



さ・・・・眠るとしますか・・・
スポンサーサイト
2012-09-20 01:15 | カテゴリ:モノローグ
これまで数々の出会いを頂き色んな考え方色んな生き方を見させてもらってきた


そんな中、俗にいう口だけが達者な男性陣にも巡り合った


そんな方の典型的な行動が、とにかく人のことをどうこう言うのが好きみたいだ

批判?評価?などなど、とにかく人のことを何が出来てないとかどうとか言う
そして、これは文句ではなく、ただ、感じたこと・・・みたいな前振りも忘れない



頭は悪くないのだろうけど・・・(計算高いという意味で)
なんだか心が美しいとは感じたことがない


意見されているほうは、意見を頂いているので感謝しかないわけだけど
そうやって感謝する姿勢で耳を傾けていると、とめどない。
拍車がかかる一方なのだ



もうそうなったら、どちらかと言えば・・・・何様なのでしょうか?
と聞きたくなるほどの上から目線に変化しているわけです



あの店がどう、あの人がどう、とにかくどこか1つでも人やモノや店などなどに意見しなくちゃ済まないらしい


そして私は想う・・・周りは黙って聞いているし、感謝の言葉を言ってるけども・・
言われて頭を下げている人のほうが、随分と寛大で美しいと・・・



そしてそんな方はたいてい、めちゃくちゃお金への願望が強い
どれほど心貧しいのだろうか・・・と心配するほどに・・・計算でしか人とかかわれない感じ




小さなことを大きく言うというか、すごく聞こえるような単語変換なんかもお得意の様子で
そないに格好つけても・・・ばれてるで・・・って思ってしまうし、実際若い人にだって
その不自然さは違和感を持たれているのだから恥ずかしい


ただ凄いと思うのが・・・そんな人はごく一部にはなんなら人格者くらいの扱いを受けたり
素晴らしい人間性などと評価されているから恐ろしい





世の中って素晴らしい、そんなことに気づく瞬間にいつも思う
なぜなら・・・どんな人もどこかに受け入れ先があって、ちゃんと生きていけるようになってる
世間様に感謝よな~と実感する



人生中途半端な人、目いっぱい生きていないのに自己評価は目いっぱいの人が上記のような傾向に陥るのかね

と思えるほど・・・まったく違う年齢、違う環境の人が酷似した行動言動をするのだから笑える


先日ふとした瞬間に言葉を書いた


言葉足らずは心足らず・・・で始まる文面なのだけれど


ただ今日のテーマは心無い人ほど饒舌と書いている、真逆と感じる人も居るだろ



でも答えは同じなのですよ。


饒舌な人ほど核心をついた言葉はほとんどのケース避けるのです。
ようするに大切な話言わなきゃいけないことは言わずに通りすぎているので
年齢を重ねても饒舌でいれるのです

要するに心が足りないから大切なときに大事な一言という言葉が出ないのです
ただ残念なことに・・・・当事者の方は絶対に気づかない事実なんですけどね・・
根底が勘違いしているので気づける可能性は本当に少ないのです



そして色んな知識があるのか、人前ではあえて寡黙ぶったりも出来る才能があります

そうなんです、知識としてどんなことが格好良くて、どうしていれば素敵と言われか
なんてことを知り尽くしているのですがね・・・表面的には真似事が出来ても続かないんですよね


なので・・・・自分の中でわかっていることさえ、具体的に行動出来ない弱虫さんなのだと思われます


そして男で弱いってどうよ・・・という自分勝手な男理想像を掲げ、結果張りぼて人間を完成させる



うわ~・・・・日本の政治家みたいやん



って思うでしょ?そうなのですよ・・・政治家みたいに表で言ってることと裏で言ってること違うけど
たまに素が出て失言?騒動的に本質がばれてる・・・みたいなね




そんな人はお金持ちさんが大好きみたいで媚を売ることは天性の才能があるみたいで
見ていて笑えるし格好悪・・・・って失笑してしまう私が居ます



それこそ男らしく貧乏でも胸張って懸命に生きている人に出会いたいものです


そんな男の人ってビクビクしながら生きているので・・・・ちょっと批判的?ともとれる内容の文章や
問題定義されている作品なんかを見たらたいてい・・・勘違いして「自分のこと言われる」感を持つ


というどこまでも自分への特別意識が高い習性もあるわけで


絶対あなたのことじゃないから・・・と声を大にして言いたい



今日のこの記事も誰かを特定して書いているわけでもなく、色んなシーンで出会った様々な
男性陣との関わりの中で気づいてしまった事柄ってだけなんですけどね



ま、ブログとはそう意味で便利でもあり不便でもあるけれど
想うままに言葉を発せられる場所という意味ではありがたい所ですよ本当に




さて皆様心ある人間になるために、まずは・・・
嫌なことから逃げずに率先してやる、自分の理想や考えとは真逆の方向へ歩くなど
自分のココロを磨くために自分の意思ありきで生きるワガママライフをそろそろ終わりにしませんか?






2012-09-20 00:09 | カテゴリ:モノローグ
長い時間起きていられない感じが続いています
ちょっと数週間前までバタバタしすぎたのかと反省中

若干浮腫みがあったと思えばすぐにぐったりしてくる感じで
水分とりつつ横になっています


幸い22日まではちょっとゆっくりできるのでなるべくゆっくり過ごします

そういえば・・・・焼肉食べに行ってない!!ってのも原因よね?(笑)


前にも言ってましたが、焼肉パワー恐るべしなのですよ、本当に。
血液検査前日は焼肉食べたら数値あがるって言うマジバナもあったり(笑)


昼でも夜でもどっかのタイミングで焼肉いかなあかんわ
2012-09-18 06:56 | カテゴリ:モノローグ
台風の影響なのか、最近はめっきり変なお天気が続いています
幸いここ最近が外出できる体調ではなかったので、ずっと室内で過ごしていたため
被害にはあっていませんが、ずぶぬれで帰ってくる息子たちを見て唖然とします



さて、岸和田祭りも終わりいよいよ本格的に秋到来と言った気候になるのでしょうが
私たちの秋はなんせ大忙しなわけでございます



睡眠時間をたっぷりとりながら、時間に縛られることのない日々というのは
実に優雅なものでして、ストレス発散には最高の癒しやな~と思います



ゆっくりできる時間と忙しい時間のメリハリと使い分けをもっと上手にして
体調が良い状態の維持がもっとできるようになれたらいいな・・・と思います。



睡眠と食事のバランス具合未だ難しいことは多々とありますが、それでも一歩ずつ
頑張るしかないわけで・・・


浮腫みのない身体を目指して、この秋のスケジュールをこなしていきたいと思います。

2012-09-15 00:21 | カテゴリ:モノローグ
あげは美樹10年ほど前にとある企業オーナーに言われた



「お前は角や」と・・・・・



あたしはキョトンです・・・角?え???カド?どういうこと?みたいな




そのオーナーは大の将棋好きだったことを知ったのは後の話なのだけれど
その方にあたしの役割は「角」と教えられた




この一言が私のなんで?とどういうこと?
という疑問を駆り立て、その後数年間は答え合わせの日々を過ごし


そしてまたある日オーナーは午後のコーヒータイムにこう言った

「将棋がそこそこ上手な名人級でも素人さんとプロの将棋打ちはやっぱり違うんや」


「角を操れない、角の使いどころを見極めれない将棋打ちは一生プロになれん」



とのこと・・・・現在でも将棋自体をいまいち理解できて居ない私です、
もちろんこの頃でもキョトンでした


そしてオーナーは言いました
「仕事をわかってない人間とあげは美樹が出会いことを進めようとしてもお前は殺されるだけなんや」
「角としての役割をきっちり担わせて果たさせてもらえる将棋打ちに出会えたらええなぁ」



角を角としてどう動かすかを把握していない人にとって私はただのヒトコマになる
けど、角を角と見極めどう動かすかを理解している人にとっては最強のコマになる



とのこと・・・・そしてあたしは言った


「っていうか・・・・結局コマかい!!」って(笑)


そしたらまたこう反ってきた

「俺もお前も人として世間様に生かしてもらってるうちは所詮は社会のヒトコマに過ぎへんのや、それを自らが将棋うちになったつもりでそこそこの人間がコマを探して将棋を指そうとするから間違いが起きるんちゃうか?」




よくわかったようなわからんようなことを言われて・・・煙にまかれた気分だったのを鮮明に覚えてる



私は角である。


社会人になってこの業界に生きるようになって早々の時期に言われた言葉が今も私の胸に刻まれている



後に教えられたことで、それが本当かどうか正しいかどうか、わからないけれど、耳にしたことで言えば

使い勝手が悪いのに、ここ一番ではかなり効果的な役割を果たす
しかし、角が目立ってここに角が居ますよ~みたいな場所に居ればすぐに排除されかける
息をひそめるように存在しここ一番意外に大きな動きはせず、最後の最後まで角を守りきれる将棋は
素晴らしいと言われるとか・・・・・



将棋を打たない私はこの説明が私に当てはまるのかどうかさえ確かめることは出来ないけれど


だけど・・・私はこの言葉を素直に受け入れ、理解しようとできた


なぜならその人の計算や欲もあったかもしれないけれど、少なからずこの方は私を見てくれた人
その上、ただ見てるだけでなく、感想を伝えてくれた人、私を理解しようと考えてくれた人


そう感じたからだと思う
私にはそれだけで十分だった。
それ以上はないほどありがたいことだった。

口先だけや言葉だけとはまた違う何かをこんな会話や言葉から私が感じたことは事実
頭で考えて到達したわけじゃない、心の中にすんなり入ってきた言葉であることが重要だった


だから、実際の内容がどうとか言うよりも、その人から言われた言葉を忘れないように胸に刻んだ



私は角である


それが正しくとも間違いでも今となってはそんなことはどうでも良い




ただいつか、聞いてみたい 「私は角として角の役割を担えましたでしょうか?」と。



そんな言葉を発したことさえ忘れているかもしれないけれど・・・
間違いなく私の成長過程の中で何度も何度も角として私は今どう動かねばならないのかを自問自答した事実がある
そしてその答えと共に生きてきた私が現在の私となった



私は人の気持ちや人のココロが生んだ言葉で形成されてきた
活字や教科書ではなく自分のために発してくれた肉声という温度のある言葉が私を育んだ



ここにあの頃のオーナーとあの頃の私に大きな大きな感謝の意を表したい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。