-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-29 20:47 | カテゴリ:モノローグ
本日約半年ぶりに血液検査を行いました。


投薬・治療打ち切りを宣言して半年、投薬も治療もせずに過ごし、その結果を見たいがための検査でしたが・・・


血小板は2万8千。少々怖さも残る低い数値でしたが、投薬をせずにこの数値あっただけマシと判断(笑)
そして驚くべきは白血球3万4千。赤血球4万6900。という見事が数値


投薬していた時期よりもはるかに高いことが判明。
感染の心配はほぼないほどの高数値でやはり薬の副作用で白血球が下がっていたのでは?との判断



投薬なしで難病二つに向き合い続けている私の現状は血小板数値に異常な低さ以外は全く心配ない状態。
しかし、1週間後に上がってくる、DNA抗体や補体C3,C4の状態を知るのが一番大切で、その結果次第で病状は把握できるのでここ1週間はゆっくり過ごしたいと思います。



御心配をおかけしている私ですが、こんな感じで何とか自力でも生命維持が出来ています。
血小板の低さから言えば事故や身体や頭を強く打つことだけは何があっても避けなければなりませんので、頑張って用心してまいります。


以上検査結果報告でした
スポンサーサイト
2012-06-29 08:02 | カテゴリ:モノローグ
今日、約半年ぶりに病院へ行くことになりました
今の身体状況を知るためにどうしても採血する必要があり病院へ向かいます



良くても悪くても全てを受け入れられる気がして
ひとまず、行ってきます




足りない血液がほんの少しでも増えていることをねがって・・・
2012-06-23 16:54 | カテゴリ:モノローグ
さて引き続き水原の様子をお届けしたいと思います。
民族村を後にした私たちは現地の果物店に入りこの当たりでおすすめのカルビ店を教えてほしいとジェスチャー半分筆談半分で必死で地元の方と会話(笑)

そして店の名前をメモしていただき、そのお店を手書きメモひとつで探す旅がはじまりました。
ちょうど時刻はお昼を過ぎ、大晴天の水原はかなりの気温になっていました

説明を聞いたところ、徒歩10分程度なのでタクシーは使えないだろうと言われ、意を決して歩くことに・・・
暑さとどこまで続くかわからない一本道を必死で進みますが、気持ちがおれそうになったりもしばしば・・・もちろん写真を撮影する余裕は皆無(笑)

道行く方、出会い方、交差点で信号待ちのとき、何度もメモを見せては道を尋ね・・・・ようやく彷徨うこと25分後に・・・見つけました!!!教えてくださったおいしいカルビのお店その名も「名家」感じで書いてくれてたらわかりやすかったものの・・・・すべてがハングルなもので・・・どうにもこうにもなりませんでした。

喋れて聞けても読めないかけないだと看板の意味はなさないので・・・大変なものですね。
晴れてたどり着いた先でカルビの名店「名家」ミョンガにて、空腹と極度の疲労と猛暑から解放されるべくサービス&お料理をいただきました♪

見てください、この豪華な豚カルビを!!!豚とは思えない美味さと肉厚。その上柔らかくてジューシー。
付け合せの野菜やお味噌などもかなりの味で、黙々と・・・まさに黙々と食べました
IMG_8266.jpg
IMG_8269.jpg

お肉の量を上回る生野菜やサラダや生野菜ダレなどヘルシーな組み合わせで、胃もたれなどの決してなく、あっさりとお肉を食べられる食環境、韓国料理は健康食であることは間違いないです。実際この体調の私が元気に一日中歩き回れたのはこの韓国料理のおかげであるのは明確です

カルビを黙々と堪能した私たちは次の目的地華城周辺の観光へと向かうためタクシーに乗り込みました

まずは華城行宮
IMG_8275.jpg
その向かいの大きな大きな釣鐘
IMG_8289.jpg

そして城壁へとまたもやかなりの距離を歩きます
IMG_8291.jpg
途中にはきれいな橋や川が出てきてこの川沿いを歩きました
見てくださいこの景色
IMG_8297.jpg
IMG_8308.jpg

道中には地元の学校なんかもあって学生さんたちが沢山歩いていました
IMG_8305.jpg
IMG_8306.jpg

そして城壁のあたりにまでようやく到着。
素晴らしい景色と世界遺産を堪能してまいりました
IMG_8311.jpg

IMG_8316.jpg
IMG_8318.jpg
IMG_8336.jpg
IMG_8323.jpg
IMG_8364.jpg
IMG_8347.jpg


そして夕暮れ時もすぎるころ、水原駅へ向かうためにまたもやローカル色満載の街をテクテクと歩き始めました
IMG_8379.jpg
IMG_8384.jpg


その後疲れ果てた私たちはソウル駅に向かう国鉄特急に乗り込み一行無事宿へと到着いたしました。
明日は民宿近くの公園や山越えをした街の裏側などお届けしたいと思います

2012-06-23 02:36 | カテゴリ:モノローグ
昨日は宿泊施設付近の様子をお届けしましたので本日はその後観光で出向いた先々をご紹介します

まずは世界遺産の華城を目的にソウルから特急列車で水原スウォンまで移動しました。
IMG_8113.jpg
平日の昼間なので電車はガラガラでしかもめっちゃ安い(笑)
IMG_8121.jpg
日本でも感染の心配があるため電車移動は避けている状況だったので電車というサウンドだけでテンションが上がっていた私・・・(笑)とりあえず特急と聞けばそりゃ~もう火曜サスペンスでしょ?(笑)ということで火サスイメージの撮影をば。。。。(笑)
IMG_8119.jpg

電車に揺られること30分弱、目的地水原に到着
IMG_8129.jpg
IMG_8126.jpg

水原駅からタクシーでまずは民族村という日本でいうところの太秦映画村的な場所に行ってみることに・・・
ひろ~い敷地内には色んなドラマの撮影をした場所などがあったり昔ながらの民族的な食べ物があったりと観光者には楽しみがいっぱい詰まった伝統的な韓国を堪能できる場所です
IMG_8146.jpg
IMG_8143.jpg
IMG_8140.jpg
購入してみた昔の飴?のようなお菓子かなり素朴な味わいでおいしかったですよ♪
IMG_8139.jpg

とにかく広い敷地なので歩く距離も半端ないですが、目に入るものがとても伝統を感じる建物ばかりでついつい前に進んでしまうし、あ。。。あのドラマで見たなっていう場所もいっぱいあってテンションは上がる一方です。
IMG_8234.jpg
IMG_8160.jpg
IMG_8181.jpg
IMG_8185.jpg

昔の鍛冶屋さんの様子は実際に人が作業しているのでよりリアルでした
IMG_8156.jpg

ここは農民のお家にある台所です。
IMG_8168.jpg

どんどん続く道を進みながら色んな建造物を楽しみました
IMG_8175.jpg

そして韓国の時代劇ドラマで見ないことはないというほどの拷問&刑罰シーンの再現ができるトライアルコーナーを発見!これはやっとかなあかんやろ・・・・ということで、かなりの猛暑の中汗びっしょりになりながらブーキューティーズ頑張ってます(笑)
IMG_8193.jpg
投獄された重罪人にはめられた枷の体験(笑)
IMG_8198.jpg
大声だして爆笑しながら拷問コーナーを後にしました(笑)

馬小屋の場所には本物の生きている馬たちが繋がれていてめっちゃリアル

IMG_8204.jpg

IMG_8203.jpg
IMG_8211.jpg

のどかな田園風景なんかも楽しめて、両班と呼ばれるハイソサエティーな身分の方のお屋敷に到着
IMG_8224.jpg
IMG_8233.jpg

IMG_8231.jpg


だいたいの家屋などの見学が終わったころ何処からともなく太鼓の音が聞こえてきて・・・音のほうへ進むとちょうど伝統舞踊のショーが始まるところでラッキーなことにショーを見させていただくことができました
IMG_8242.jpg
IMG_8262.jpg
IMG_8260.jpg

ブーキューティーズの二人もこの舞踊にはテンションあがりまくりで感動してました。
確かにすごくかっこよかったです。

歴史を感じる家屋や景色を堪能できた民族村は想像以上に良かったです。
今日は民族村のご紹介をいたしました。また明日は水原でのカルビなどご紹介します

2012-06-21 21:00 | カテゴリ:モノローグ
リフレッシュと病気後のチャレンジも兼ねて、晴れて念願の海外旅行に行ってきました。
IMG_8095.jpg

幼少期から海外に行く機会が多く大學もオーストラリアで進学したので、私にとって海外旅行は
かなりのリフレッシュなのですが、やはり免疫性&血液系の疾患があるため長い間断念してきました
IMG_8175.jpg


しか~し、投薬も打ち切った今年2012年は自分の中の色んな殻を破って行ってきましたよ。
まずは近場でSLEやITPの認識も深いお隣の国韓国へ

IMG_8180.jpg


英語だけでなく多少の韓国語が理解できるだろうし、飛行距離が近いという理由でしたが・・・
行ってよかった、めっちゃ良かった
IMG_8427.jpg

まどか&久美子の提案から始まった韓国旅行でしたが・・・
病気の人間に同行してくれる感謝と活気ある街で元気をもらったことなど嬉しい思い出がいっぱいです
本当に行って良かった。
IMG_7998.jpg


数日間は今回のソウルの旅の様子をどんどんご紹介します
もちろんツアーなんかで行く頭は全くなかったので行き当たりばったりもアクシデントも含め
旅を満喫しました

まずは到着日よりお世話になった民宿(ゲストハウス)より
ここがゲストハウスの入り口、韓屋と言われる旧民家をそのまま宿泊宿に利用しているとてもアットホームな宿泊施設です。
IMG_8497.jpg
ホテルなどに比べてもちろん洗練されていませんが、お隣の部屋の方との挨拶や全員が共用するリビングなどがあるためかなり国際交流できる素晴らしい旅宿です
IMG_8053.jpg
IMG_8058.jpg
IMG_8043.jpg
毎朝民宿のおばちゃまが朝食を準備してくれて呼んでくれます。
他の部屋の方もみ~んな一緒にいただきますの朝ごはんから一日がスタートします
IMG_8046.jpg

到着した日には宿に荷物を置いて、宿の近くの街を探索しましたが、めちゃくちゃオシャレな街に位置していたようでその町だけでも十分楽しめそうな雰囲気でした
IMG_8024.jpg
IMG_8068.jpg
恵化洞という街に3日間滞在してここを起点に国鉄に乗ったりタクシーを利用したり地下鉄移動してみたりしながらソウルを満喫しました
IMG_8042.jpg
IMG_7990.jpg

続きはまた次回にお届けしま~す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。