-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-31 22:39 | カテゴリ:モノローグ
今日は青組だけの団体演技練習日
IMG_5388.jpg

1年生も6年生も一生懸命完成まで覚えてくれました

IMG_5383.jpg

まどか先生が居て久美子先生も居て、今日は大助かり
IMG_5379.jpg

小学生の低学年は円形になるのが苦手です・・・円になる感覚を覚えるために手を繋ぎ指導します
IMG_5403.jpg

そして二人組の振り付けでも息合わせにひと苦労
それでも1年生の小さな手が一生懸命開いていくと、感動させてもらえます
IMG_5394.jpg

あとは最終練習を残すのみ、とにかく一生懸命がんばります
スポンサーサイト
2011-10-31 01:06 | カテゴリ:モノローグ
今日はエキシビジョンチームのダンス練習
入場演出を含めてすべての構成が今日で完成しました
IMG_5070.jpg
せっかくの練習日でしたがあいにくの雨で急きょ練習は体育館にて行われることになり
少しだけ距離感覚をとらえるのが難しかったかな?と思いながらでしたがとにかく完成まで仕上げました。
IMG_5062.jpg
IMG_5074.jpg
今回は6年生だけの強化チームなので今までにはない感じでグループごとに配役が違うというような表現もあり
個々のチーム別の練習や全体の合わせ稽古など子供たちも汗びっしょりになりながら頑張ってくれました
IMG_5097.jpg
IMG_5095.jpg
IMG_5103.jpg

あと練習は2回を残すだけ
これからは細かい部分の修正と踊りこみそして運動場での距離感の戻しなど

手直しを含めて完成度を上げるおけいこになると思います
残された時間有意義に一生懸命挑みたいと思います
2011-10-30 11:29 | カテゴリ:モノローグ
ボルティモアオリオールズで活躍していた、田中良平投手が帰国!!
トワディスに来てくれてました


田中良平投手は、元千葉ロッテマリーンズで活躍した後に渡米してその後現在までアメリカの大地で野球漬けな日々・・・らしい


ってか私はめちゃくちゃ個人的にしか知らないので彼のお仕事は基本あまり理解できていないのですが・・
聞いた限りのお話じゃそんな感じ・・・みたい


野球以前に私は良平の大ファンです。
なぜなら、とてつもなく面白い生き物だから(笑)
めっちゃ笑いのセンスがあるというか人間性が素晴らしいのですよ


ってなわけで、トワディスのシェフよっぴーが記念写真を撮影
ryo-hei.jpg


あたしゃ、婚礼の打ち合わせやなんやとバタバタしておりますが、良平氏美味しくトワディスメニューを完食

「めちゃおいしいっす!!」ってお喜びでございました

ってなわけで、来季のご活躍も応援していきましょう

2011-10-30 10:58 | カテゴリ:モノローグ
今週末は何かとバタバタ・・・
3月のお客様の会場下見から始まり、トワディスで開催される挙式披露宴の打ち合わせや衣装合わせなどでまる一日ず~とうごっきぱなしみたいな・・・・


ありがたいことで色々お話が広がります


トワディスで開催される挙式・披露宴はなんとお子様連れの素敵な結婚式
オリジナリティーの高い自分たちらしさを全面にだした結婚式希望ということでお訪ねくだいました



今年は子連れ結婚式や結婚10年以上経過してから結婚式など、スタイルにこだわらないご夫婦に良く出会います
これから、結婚式のあり方もどんどん変化するんだろうな・・・とこっちも頭柔らかく過ごしていかねばと思います



そして最近のニュースで知ったグローブケイコさんのくも膜下出血のお話
39歳での発症



他人事ではないと思えたニュース



ただ大きく違うのは、もし私にこれが発症したら命が助かる見込みは0%であるということ



体内での出血が私に発症したら、絶対に命はないと言われている血小板減少という症状を持つ私



現在も足に紫斑が確認されているので多分血小板数値3万は無いと思われます



最近身近に起こった色んな事件で心身ストレスはかなりのものだったかと・・・


その上この秋の忙しい時期が重なって・・・養生しないと大変なことになるな


と思えたこのニュース



世の中一般で助かる可能性のある突発的なことでも、私には命がなるなるということになるわけで


脳出血、内臓出血、そのほか、体内出血はかなり気を付けて生きないとね


食事に気を付けて、血液増やすことも大事、バランスよく食べて血液サラサラも大事
だけどサラサラすぎると血が止まらなくなるので、本当に難しい



血小板減少が少しでも落ち着いて10万程度は確保していきたいものです



日常見た目にはわからないけれど・・・血小板減少は大変恐ろしい症状



それを肝に据えて、だけど一喜一憂せず、あたしらしく日々過ごします
2011-10-27 21:24 | カテゴリ:モノローグ
なんとな~く他人事には思えない感じで・・・・(笑)
なんでやねんって突っ込まれそうなんですけど・・・なんとなく・・・・

今世紀最大の発見だそうです


以下ニュース原稿そのまま



ヒマラヤ山脈にあるブータンの奥地で78年前に発見され、その後、一切の報告がなく「幻のチョウ」と呼ばれてきた大アゲハを、日本の研究者で作る調査隊が現地で確認しました。調査にはNHKの取材班も同行し、世界で初めてテレビカメラでこのチョウが空を舞う姿を捉えることに成功しました。
Bhu_mansfieldi_v.jpg

このチョウは「ブータンシボリアゲハ」で、大人の手のひらほどの大きさがあり、羽に鮮やかな深紅の模様と3つの尾を持つのが特徴です。78年前の1933年にヒマラヤ山脈にあるブータン東部の谷で発見され、その年と翌年に採集された5匹の標本がイギリスの大英自然史博物館に保管されているだけで、その後、一切の報告がなく、世界の研究者の間で「幻のチョウ」と呼ばれてきました。このチョウによく似た大アゲハを2年前、ブータン政府の森林保護官が見つけたという情報がごく限られた研究者に伝わり、日本蝶類学会が半年間の交渉の末、ブータン政府から特別許可を得て、ことし8月、初めて現地調査を行いました。その結果、78年前に発見された場所とほぼ同じ標高2200メートルの山岳地帯の森の中で、ブータンシボリアゲハを確認しました。調査にはNHKの取材班も同行し、世界で初めてテレビカメラで幻の蝶・ブータンシボリアゲハが空を舞う姿を捉えることに成功しました。ブータンシボリアゲハは、こずえの間を優雅に舞ったり、グライダーのように滑空したり、森の中を自由に飛び回っていました。調査に参加した東京大学総合研究博物館の矢後勝也特任助教は「世界の蝶の中でも最大の謎とされてきただけに発見したときは興奮した。ブータン政府と協力して生態の解明に努め、アゲハチョウの進化の過程に迫りたい」と話しています。

NHKニュースHPより抜粋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。