-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-28 10:35 | カテゴリ:モノローグ
数か月前だったか・・・
例の如くまたも問題行動をした和馬氏相手にまくしたてている私がいました。
いくら怒鳴っても、怒っても、注意しても・・・・同じ。

何年間にも及び、同じ話を繰り返し繰り返し説いてきた。
それでも結果はいつも同じ。

だけど彼、表面上はかなりの好青年と評判。
さわやかで礼儀正しいと思わせるいわゆる役者の特権的な武器も持ち合わせている。
しかし、所詮、張りぼては張りぼて、長く付き合ったり深く付き合うとすぐにはがれる表面上の虚像。

その日、私は数年間説き伏せてきた自分目線の話を封印して、和馬の目線を探した。
彼はとても勉強ができるタイプ。学校の成績も決して悪くない。だから私目線の話も物語として理解はできる、しかし私の言うところの理解しているのと聞いている差が明るみになるタイプでもある。
いわば昨今問題視される超現代人的な人種、新日本人である。

しんどいことをやっている風、苦労している風、がんばっている風に生きるタイプ。
自分の筒は大きいと見せ、筒の中身がからっぽであることは最後まで隠し通すタイプ。

そこまで彼を分析できているけれど、彼の問題行動を止めることができない自分を責め続けてきた。
私の無能さゆえ伝えることができないのだろう。言い方が悪いのだろう。彼の目線を探すこと。
そして、彼の言葉を引用して新たな道を開こうと切り出した。

彼はいう、
「これほどまでに周りに迷惑をかけてきたから、次からは絶対に迷惑をかけちゃいけないと思ってる。」
私は即座に
「そこがそもそもの勘違いですよ。私をはじめ、周りはすでにあなたが迷惑をかけないとは思っていない。むしろ迷惑をかけるだろうが、仲間だからフォローする体制を整えようとしている。」
でも彼はいう
「いや、次からは絶対・・・・」と。

向こう数年間彼はこの会話を繰り返した。
私はそれも踏まえてこう続けた。

「自分は迷惑をかけてしまう可能性がある人間です。それでもこの仕事をさせてもらってもいいか?」という考え方があなただけではなく、私も含めた人間に必要な謙虚さではないか?と・・・

そこまでいってもまだ彼は「いや、人として迷惑をかけること自体がだめなこと。だから自分はだめな人間。だから改善させるべきだと・・・・」

まだまだ言っていることが伝わらない・・・とあきらめかけたが・・・だめもとで続けた。

「和馬、よくわかるよ、あんたの言っていることは正論であり、教科書通りの答えでしょう。
だけどね、和馬、教科書とは、教えられるほど学びを得た人が次世代に伝えるために作ったものであって、いわば別の人間の生きたことの伝授書です。和馬はその教科書を作った人のようにまっとうに生きてきたのでしょうか?
あなたの教科書はあなたの歩いてきた過去、あなたの歩いてきた足跡以外にはないはずです。」

「振り返ってください、あなたは大学生のころ、教科書通り親に迷惑をかけずに卒業まで進みましたか?自分のわがままだけで親やふるさとを捨て俳優の道それも仕事ではない趣味程度の舞台活動をしてきたのでは?教科書通り就職して新人研修を経てつらい時も継続して同じ仕事を続けましたか?」


そこで彼は私に言い返してきた勢いをなくし、沈黙し・・・うつむいた。

教科書は別の人間の歩いた道のりです。他の人間のまねをして少しでも向上するための参考書類です。だからこそ教科書通りに生きているということは今現代の時代背景とはずれる点も多い。
学校教育もしかり。
何が大切で何が自分の教えになるかといえば、自分の歩いてきた今まででしかないはず。

足跡が自分の教科書になるということを知っていれば今の瞬間瞬間の足跡を大切にできるはず。
足跡が過去の記憶でしかないと安易にいきる現代人、もちろん私も含め気を付けたいもの。

自分の歩いた道はやがて気付かぬうちに誰かほかの若者への道しるべになる可能性も多い。
良い教科書になるか悪い教科書になるか、それは自分の気付かぬ場所気づかぬ時間に関係のない若者へ影響していると考えうほうがいい。

生きている以上無影響の人間なんて存在しないのだから・・・
スポンサーサイト
2009-04-27 17:40 | カテゴリ:モノローグ
夜中12時を過ぎたころの銭湯、番台にはすでに男性従業員しか居ない。
女風呂はいわば無法地帯になるのがこの時間帯。

小さな町の銭湯の割に、何かと充実している私の行きつけ銭湯。
その銭湯にもやはり小さい中にもそれなりのルール、いや、マナーは多く存在している。

私が脱衣場で準備完了して、さて、浴場へ進もうとしたとき、一人の老婆の姿が目に付いた。
かなりの高齢ではないか?と思わせる彼女は一人で不自由な膝をかばいながら、自分の座っていた椅子を丁寧に綺麗に洗い、次の方のために取りやすい場所でと運ぼうとしていた。

ひとつひとつの動作がゆっくりで、それを気遣い、他者に迷惑にならないようにという行動は痛々しいほど伝わってくる。ひとまず、私持っていきます・・・と声をかけると、ありがとう、ありがとう、と涙をためて拝みだすほどの状態・・・おいおいおい、いやいやそんなに感謝されることはしていないと・・・少々恥ずかしくもあったけれど、預かった椅子を老婆希望の位置に置いてきた。

その数分後、なぜこんな時間に子供がいるのかが謎ではあったが、突然浴場できゃあきゃあ言いながら水鉄砲的な玩具でいちびり始めた。
「ない・・・」瞬間的にそう思った私はたぶんありえないほどいやな表情をしていたのではないか?
その水遊びはどんどんエスカレートするというのに、親はどの人?なのかわからないほど完全放置。

そして、気になってはいたが、やっぱり、先ほどの老婆の顔にばっしゃ?ん・・・・・
とっさに私の右手が子供の頭をはたきかけた瞬間・・・老婆は「元気やね?」とひと笑。
思わず子供をはたきかけた私は自分の行動が恥ずかしくなった。老婆はその後もにこにこ。
恥ずかしくなった自分に今度は疑問が・・・???老婆は怒ってないけどこれ、だれかが注意しなきゃいけないよな???私はこのまま放置でいいのか?

さすがに子どもたちも悪いと思ったのか、謝ることはしなかったけれどその場を離れ違う場所へと移動した。

入浴初めたばかりの時間にこの状態でリラックスしにきた自分を忘れそうになったのでいかんいかんと・・大きく深呼吸して、サウナを目指した。
サウナの横には定期的に氷が追加される氷水風呂があるのでサウナで5分、水風呂1回を何度も繰り返して血行促進させるのが最近の私の日課。
薬の副作用で浮腫む体、血行障害でしびれる皮膚をなんとか改善させたいとこの銭湯を利用している。サウナの横の氷風呂に氷がガラガラと入ったそのとき、一人の女性がその氷を洗面器いっぱいの集めて、あろうことか自分の持ち込みドリンクを冷やし始めた・・・・女性の目の前には大きな張り紙。
「氷を個人的に持ち出さないでください」と赤い字ででかでかと書いている。

悪びれる風でもなく、せっせと氷を集めて、自分の場所へ持ち帰る。まだ若い20代の女性だろうけど、先思いやられる行動。間違いなくオバハンへの道まっしぐらだな・・・と品もかけらもない、下品な女へと進むのだろう・・・とその人がせっせとサウナで顔やなんやをマッサージしている姿に吐き気さえ催してしまった・・・。

その現場を横目で見ながら、サウナでひと汗流し、水風呂で心臓まで冷えそうになり、3度目のサウナにはいったとき、今度は中国語でまくしたてながら会話する女性たちがやってきた。

このサウナのルールは入口扉にでかでかとポスターが張っている。
必ず大判のバスタオルを持参してください。ない方は購入してください。など

その中国人女性たちはもちろん手ぶらでやってきて、わがもの顔でど真ん中を陣取り、平然と座っている。あ・・・そうか日本語のポスター読めないのか・・・と思った。
そのとき私の記憶が脳みその中で騒がしくなった。あ・・・この人たち、数ヶ月前にここのお店の方にめちゃめちゃ怒られてサウナ入りお断りされた中国人だ・・・。日本語わかってるし、店の人に実際のタオルまで見せて説明されていた二人組。思いだした・・・・・。

だから・・・番台が男性のみになるこの時間帯に来てサウナを楽しむようになったのだな・・・

私も基本早寝早起きの癖をつけるために10時には銭湯から帰宅するうようにしてきたので、昨日のように忙しく帰宅が11時ごろになったので仕方なくこの時間に来たので、夜中の銭湯は実に久々だった。朝と昼と夜と夜中、銭湯社会も大きく違うものだな・・・と

同じ場所で同じように同じ人間がいるのに・・・
人間の我儘、自分さえよければいいという行動、またそれを注意しない周り・・・考えさせられる時間。
たかが銭湯、されど銭湯。
目的は健康促進ではあるものの社会勉強・精神修行にも良い場所かもしれん・・・と思いつつ・・・

すぐブチギレル自分の悪い癖改善、そして切れずに注意できる大人の行動、学ばねば・・・
明日もまたお世話になるこの場所。利用者全員が少しずつでも周りを見て、やさしい行動ができる場所であってほしいものです。
2009-04-24 19:25 | カテゴリ:モノローグ


ピアニストであり、元アイドルの真美先生のトークで爆笑してください。
2009-04-23 02:05 | カテゴリ:モノローグ
ハニトラフライヤーブラック
ハニトラDM裏
ってなことで6月のあげはLIVEが決まりました。
購入は5月1日よりSHOP A:GUEH:Aにて前売り開始です。

今回は大正?昭和初期設定で、数々のハニートラップを描きたいです。
ま、スタッフのトークでもハニトラ経験談を語っていただく予定です(笑)

6月は4月にこれなかった方からすでにご予約もいただいておりますのでメールでも承りますのでお早めにご予約お願いしますね?。

2009-04-19 10:50 | カテゴリ:モノローグ
ってなことで少し体調も整ってきているので、歌をば練習しようかと・・・
フルケンと二人、夜な夜な徘徊しておりました。

声は出せば出すほど作られるものだそうで・・・
6月19日のあげはLIVEハニートラップにはあげはらしい衣装展開も含めて
歌も本格的にがんばってみようかと・・・今のところ、思っております。

ま、あたしのことなので・・・・あくまで今のところなのですがね・・・
なんせ今回は妖艶な小悪魔女の共演ってなことで・・・・
遊戯系歌物舞台をお届け予定でございます。

は?・・・・先が思いやられる苦手な世界観克服、がんばります・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。