-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-30 16:00 | カテゴリ:モノローグ
ということで秋コレに続く第2弾。冬の始まりのコレクションたちを見て、皆様の投票お待ちしてます。

エントリーーナンバー?番 「風邪の谷のあげしか」?鼻水ジュルジュルです
圧縮0018


エントリーナンバー?番 「ブラックヒッピー」
DSC_1824圧縮


エントリーナンバー?番 「フラワーおばちゃん」
DSC_1919圧縮


エントリーナンバー?番 「アジアンヒッピー」
DSC_1974圧縮


エントリーナンバー?番 「ちょっとだけインディアン」
DSC_2146圧縮


エントリーナンバー?番 「ちょっと商店街まで・・・・」
DSC_3422圧縮


エントリーナンバー?番 「アホですんません」
圧縮DSC_3626


エントリーナンバー?番 「蝶々パラダイス」
圧縮DSC_3628



極寒がやってくるとこの上にアウターたちがイロイロ着込まれるのだろうか・・・また真冬コレクションまで楽しんでスタイリングしま?す。
スポンサーサイト
2007-11-29 03:50 | カテゴリ:モノローグ
もしあなたが今天国に行くとしたら、自分の想っている最期を迎えられますか?
自分の最期の姿を考えたことはありますか?

マイナス志向なんかじゃない。
前向きに生きるということは、この命をどう結ぶかに向かっているということ。
人は死ぬために生きてる。
最期の日のために今を一生懸命生きてる。

誰もが死ぬことを考えてなんて生きない。そう思いがちだけど・・・
命とは必ず最期を迎える。
その事実から目を背けずに生きなければならない。

今がすべてだと想っている、今のために今を生きてる人がほとんどだと聞いたことがある。
だけど、それほど寂しいことはない。

今あなたが何を想い、誰とかかわりどのように生きているのかを、家族に話していますか?
面倒くさいしそんなことはいつでもいいですか?

誰かが亡くなると誰に連絡をしていいのか家族は奔走します。
何も知らせていないとそうなります。

だから10代であっても20代であっても、その最期の日のために心をオープンに生きなければ
最期の日、そしてその後、誰もが悲しみ遺されたという痛みが走ります。

いつも私はもし私が死んだら・・・って言います。
でもみんなは縁起でもないから言うなといいます。
でも私が居なくなったらこうしてああして、その居なくなった後の人のために私は今を必死に生きていると想っています。

人は寂しいという感情を知っています。
悲しいという感情も知っています。
それ以上に喜びという感情を覚えています。

だからこそ喜びとは最大の寂しさになるということを伝えたいと願っている。
また、自分の寿命を医学や技術で延命しようとも私は想いません。

受け入れるべき事実だけを生きている今も最後の日も同じように受け入れようと思います。
明日最期になるのか、10年後最期になるのかわかりません。

でも今私がすべきことは、私のいなくなった後、遺して行く人が誰一人寂しくなく悲しくない時間になるために、自分が生きた記憶を誰かに焼き付けようとしているのかもしれません。
形が消えても、あのときあげははこう言ってた、そんなこんなが頭の心の片隅に残っていれば、悲しまないことがあるかも知れない。

そのささやかな希望のために今を200%で生きようと想っています。
私の夢、私の願い、私の希望は、私が居なくなった後の一人ひとりが、自分を大切にすることを忘れないことです。

自分を大切にすることとは、周りを大切にすること
周りに自分を大切にしてもらうことが一番幸せだと思います。

あと50年生きるかもしれない、明日が最期かも知れない。
だけど、明日生きている前提で今を生きちゃいけないと想っています。

自分の死が誰かの生きる肥しになってくれることだけが私の小さな夢です。
そんな自分で居たいと日々願い続けて居ます。

それくらい、私は寂しがりやで、また恐ろしいほど強靭な生き物だと思います。
生きている今はどうでもいい・・・
居なくなったあと、みんながどう過ごすかが今はただただ心配です。


人の命は誰しも限りあるモノです。
それをもっとまっすぐに見つめてほしいと思います。

私はもしもの最期の日が明日かも知れないと想うからこそ、今を目イッパイ、今を必死に、生きられるんです。今を全うしていない人間に遺された者を心配する資格はないと感じるから・・

この話は決して重たい話でもなく、命あるものはすべて当たり前にこの話を出来なければならない。それが生きるということです。

面倒くさいこと、苦しいこと、痛いことが最期にならないように。
今何をしなければならないかを考えてほしいと想う・・・・



2007-11-28 23:35 | カテゴリ:モノローグ
いやいやいやいや・・やってきましたこの季節。実に5年連続お馬鹿バースデー企画にまんまとひっかかってきた久美子姫、27日は25回目のバースデーだったんですね?
圧縮DSC_3546

とはいえ私も大人になりました
無駄にサプライズ?しません。しません。
圧縮P1080765

普通が一番カッコエエのです。なのでごくごく自然体でいつものごとく鍋を囲んで。
ケーキを食べて、う?ん今年はなんと穏やかな誕生日なのでしょうか・・・
圧縮P1080783


やっぱり誕生日とは厳かに慈しみの思いを込めて記念のプレゼントを贈るものです。
まずは、トラノスケ君から
圧縮P1080785

いや?感動のシーンです。久美子喜びイッパイです。そして和馬さんはりこみましたね?。
乾いた生活に潤いをと加湿器です。
圧縮DSC_3560

石本さんは優しいですね、冷え性帽子にあったか靴下。
圧縮DSC_3561

そして、フルケンは高級カシミヤマフラーを渡して、そうそう冬は寒いもんな?ってことで
タクトからの暖かい愛情ブーツ!!マフラーとセットでハイポーズ!
圧縮DSC_3563

でもそれじゃ?体が寒いですよね?。
アタクシあげはからの愛情冬物語の始まりです。まずは完全防寒赤いチェックがとってもお洒落。そして寝るときも一緒に入れるこの一品
そんで荷物が多い冬場にはぜひコレを・・・で完成した今年25才の久美子姫。




圧縮DSC_3568

着こなせるのはあなたしか居ません。すばらしいセンスです。あと・・・ちなみにそれリバーシブルですのよ

圧縮DSC_3574

いや?んさすが、花柄も見事に着こなしています。もうすばらしいモデル才能。拍手喝采。
加奈からはステキな絵本、チームあげはからはみんなのメッセージ入り写真額。
でたくさんのプレゼントを手にした久美子さんへの最大のプレゼントは・・・・・・・

恥を捨て、楽しみ、自分を知る勇気 そう、裸線魂です”!!ということでこのまま帰宅して頂きましょうね?。
圧縮DSC_3583
圧縮DSC_3580

そうそう、まだ色んな人が行きかう町へその姿で颯爽と飛び立つのです!!
あなたは実にすばらしい!!愛すべき我があげは組の切り札。

石川久美子の25歳は自分を捨てることから始まったようです・・・・・

おめでとう?!!
2007-11-25 16:44 | カテゴリ:モノローグ
ムクミ対策の話をしていたらとにかく発汗だ?!!との話になり、ひとまず漢方生薬の腎仙を飲み始め、運動しても体の中に熱がこもる血行障害がひどい体質のため温浴治療をしよう!!と決定した。

早速イロイロ教えて頂きイロイロ調べた末まずはゲルマニウム温浴をはじめることに。

多量のゲルマニウムと海塩・そしてトウガラシをブレンドした薬をお風呂に入れて、最低20分の入浴をすることになった。

汗をかくことがほとんど出来ないこの異様な体質・・・やっぱり10分たっても汗をかかずどちらかといえば気分が悪くなってくる感じ・・・

で・少し体を出して手・足だけの半身浴にしてみると・・・・
少しずつジワ?と汗が出てきました。
そんで20分経過するコロには心臓バクバク・・・なんじゃこりゃ?というほど汗だくになってきた・・・・

エンタメ本番で踊り狂ったときでもこんなに汗かかないぞ・・・と思いながら・・・そんでシャンプーして洗顔してお風呂から上がって30分。汗が止まらないんです・・・風呂上り30分してもまだじわ?っと汗がにじんでくるんです・・

コレすごくない?????
うわさだけかと半信半疑だったけど・・・・
とてもとてもいいんじゃないかと実感中。これフルケンに言わなあかんわ・・・・やせたい人にもいいんじゃないかしら???

運動量がすごくなくてもこんなに汗がでるんなら続ける価値はありそうです。冬の冷え・むくみ対策に強い味方が出来ました。
2007-11-25 15:30 | カテゴリ:モノローグ
今日目覚めたら宅急便が届いていた・・・
あけてみると大きな箱が2つ・・・・なんだろう????

中にはステキなメッセージカードが入ってました。
11月23日のエンタメ「テノヒラニタカラモノ」のお二人からの贈り物でした。

はじめは詐欺師だと思いました(笑)から始まり最高の時間だったと・・・・
涙なくして読めないほどの気持ちイッパイのお手紙でした。それだけでもうれしいのに、
大きな箱の中身はなんと!!!

キノコグッズ詰め合わせ!!!


ギャ?!!!!
すげ?、あれもこれもこんなのも・・・え???どうしよう。
キノコキチガイあげはとしてはもう、そんな、ジタバタジタバタ・・・・・!!!!

うひょう?ヒエ?ぎゃ?。ですよ。本間に。

?巨大きのこランプ
?きのこ簾風カーテン
?きのこコースター
?きのこボトル(シャンプーとか詰め替えるためのね)

もう、家中尚いっそうキノコですやん。
また今までそろえたことの無い赤と白の配色キノコなんざんす。
それもひとつひとつデカイんです。

何がうれしいって、あの結婚式前の忙しいさなかに、私のためによろこばせようとキノコグッズを探して沢山集めて送ってくれたんですよ。

もうそのキノコを超える愛情に感激で涙涙涙。
本当にありがとう。


和多田 聖・悠紀子様へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。