-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-30 05:44 | カテゴリ:モノローグ
LIVE後、息をつく暇もなく次の本番が待ってる。
12月9日はエンタメウエディング「リカコレクション」公演本番。

11月は毎週末は堀江ミニLIVEをこなし、平日に執筆、曲作りをし、リハーサルもあったり、会場下見もあったり、打ち合わせがあったりと何かと超ハードスケジュールだった私・・・・確かになんか体内時計が狂ってる感じで・・・少々痩せた・・・・みたいだ。

とはいえ、私が動くということは私以下全員が動くということで、当然カナ、和馬、フルケンさんはフル稼働になるわけで・・・・みんないっぱいいっぱい、やってまして・・・自分だけOFFなんて許されないので・・・がんばってこの時間もまだ「オ・シ・ゴ・ト♪ルン」(涙)
V9030001.jpg



スタッフが気遣うので、12時ごろ就寝したと見せかけて・・・・実はみんなが帰宅後ゴソゴソ起き出して・・・・フフフまだやってるのだな?(笑)抜け駆け作戦成功!!

で新曲完成させちゃいました?!!
今回の曲はエンタメ本番用のものですが、POPなメロディー&リズムなのになぜか歌詞が重く深い・・・背景にはどことなく悲しみとか感じるイメージ・・・・なのですよ?。
覚えやすい簡単な曲ですけどね・・・・
でも見た目は派手なジャケットです、ピンクだらけのキュートな世界。
img035.jpg

なのに・・・・中身は深いのです。
いわば見た目だけじゃないを実証した曲かな・・・・(笑)
してやったり感ありありの今回・・・・どんな本番になるのかしらん。


これ12月9日の新郎新婦のためだけに書いたの・・・フフフ嬉しい。
こんなオシゴト大好き。
儲け0円。でも気持ちいっぱい。
お?あげは生きてる?。って実感する。

お金のために曲はかけません。ましてノリでなんて書きません。
言葉はもっと書きません。想いがないと書きません。
だからこうして理由もなく言葉が沸くときは相当の感情移入なわけですよ。新郎新婦と融合してるというか、表意してるというか一体化してる感ありありですよ?。眠い?わけがない・・・むしろ頭すっきり。

曲名は写真通り「Rainbow Butterfly」

フフフ曲名もちょっとアホっぽくていいですね?・・・誰もこの中身を想像できないはずなのだ・・・・フフフ楽しみだ・・・・

今日も一日喜怒哀楽を繰り返し・・・・一日があっという間だった。
こうして感情だけで生きれる時間を本当に大事にしたいと思う。
これもきっとみんなのおかげで、これもきっとみんなの力。

うまくいったら誰かのおかげ、失敗したら自分の無力。
父からの教えは今も健在。
それでいいのだ!!バカボンあげはでした?・・・・・・

スポンサーサイト
2006-11-29 21:26 | カテゴリ:モノローグ

Player in the Case作詞・作曲・歌 あげは  編曲 古川 健次


薄れてゆく毎日の記憶を追いかけて、
何度涙を流したことだろう・・・
あの日の、あのときの、あの人の言葉すべて・・・
過去のことになってゆくカナシミ・・

どうして、大切なものがみんなそれぞれ違うのだろう・・・
同じ人間なのに・・同じ命あるものなのに・・・
祈りをささげるように生きてゆく苦しみが私を、心を殺してゆく・・・
毒が回るように、汚れてゆく自分が生きてゆく恐怖。

Player In the case・・・・
心に住み着いた祈り人、
Player In the case・・・・
体に染みわたる少女の鳴き声
Player in the case・・・・
心に宿り続ける祈り
Player in the case・・・・
体に鍵を掛けた罪の悲鳴を・・・

祈り人は誰の心にも住み着く、
この体(ケース)を切りさいてみれば・・・
温かな血が悲しい色に変わって・・視界が痛い・・・
懐かしい記憶が流行く痛み

体の奥の奥に住み着いた祈り続ける少女の残像が、
今も胸の嘆きに変わる・・・・懐かしさが曇ってゆく
遠い記憶なのか、今の苦しみなのか、
わからないけど・・・この痛みを言葉に変える・・・

Player In the case・・・・
心に住み着いた祈り人、
Player In the case・・・・
体に染みわたる少女の鳴き声
Player in the case・・・・
心に宿り続ける祈り
Player in the case・・・・
体に鍵を掛けた罪の悲鳴を・・・



生きていることがいいことなのか?
それさえもわからなくなってゆく・・・孤独
この体はただのケースでしかないのに・・・
祈りと心の在り処が見当たらなくて・・・
消えてしまいたくなるエゴの塊、
汚い、醜い私をほら・・・笑って見ていて・・・・

Player In the case・・・・
心に住み着いた祈り人、
Player In the case・・・・
体に染みわたる少女の鳴き声
Player in the case・・・・
心に宿り続ける祈り
Player in the case・・・・
体に鍵を掛けた罪の悲鳴を・・・
2006-11-29 05:19 | カテゴリ:モノローグ
昨日ご報告したとおりに無事単独公演は終演・・・でも・・どうしてもみんなが気づいてないだろう本当をお話ししたくて・・・・

この公演本当にすごく少ない人数で稼動させた本番でした。
でも内容は相当盛りだくさんで・・・・なのに、なぜ、ココまで作りこめたか・・・ということ。

実はあげはスタッフはあげはも含め全員が見える裏方さんなのですが、
その裏方さんの裏方さんがいるんです。

みんなに紹介できたスタッフではないところに居た、スーパー裏方さんあっての本番だと思うわけです。

例えば、照明、フロアディレクターと紹介した宮崎加奈。彼女はそれだけでなく、受付周り、印刷物にいたるまでの一人5役以上の仕事をこなしていました。寝る間もないほどのスケジュールの中、一人何度も事務所で徹夜してデザインしまくってました。脱帽と感謝。

だから、みな様、手元に持ち帰ったプログラムを是非端から端まで目を通していただきたいんです。
決して上手じゃないかも知れない・・・でもそのたった一枚の紙にたくさんの愛と、皆様への感謝がこもっています。

加奈 ありがとう。
20061129052514.jpg


そして、あげはが座っていたあの鳥籠みたいなセット。
これは普段は特殊効果でお世話になってる貢司さんが組み立ててくれた。また、たくさんの衣装や、道具、装飾物すべての搬入、運転、搬出を自分の仕事の現場を途中抜けしながらも駆けつけて黙々と汗を流しながらこなしてくれました。
IMG_007.jpg


私たちが苦手な男手の必要な力仕事と裏方技を愛と優しさで教えてくれ続けている貢司さん。この方に出会えていなければ私はTV・舞台業界に居ることもなく、今日までの活動はまったくなかった気がします。

貢司さん、本当にいつもありがとう。

誰にも気づかれず、また本番さえ見れないけど、一番過酷な業務をこなしてくれる方々が居るからこその舞台。

キャストや出演者の私たちはいかに無力か・・・を毎回舞台をするたびに痛感します。誰よりも気配りができ、誰よりも目配りが出来る。
このスーパー裏方さんたちは仕事や業務でこなしているんじゃないんですよ、これは完全なる愛ある心を持ち合わせている人間性だと思う。

そんな人間性に優れた方々と一緒に現場に行けることにあげはは何よりの感動と感謝の想いを抱きます。


そして、それだけではありません。
今回あげはの舞台公演史上初めての平日夜間公演。
それが原因で・・・・息子の預け先が見つからなかった・・・
今年7歳になった一年生の長男 トラノスケ。
P1010917.jpg


生まれて初めて一人で学校から帰宅してお留守番をしました。
すごくがんばりました。(いつも誰かが居る環境だったので少々一人が苦手です。)(あげはは、色んな諸事情があって・・・母親業をほぼ何も出来ないまま時間がたち、ここまで成長しました。今までもたくさんの方に彼の育児のお世話になっています。アゲハスタッフはほぼ全員彼の保護者といっても過言ではありませんね・・・・(笑))

途中怖いっていいながら電話をくれました、泣きながらでも一生懸命

「がんばって・・・るんやけどな・・・ちょっとだけな・・・怖い・・でも・・・な・・・忙しい・・・からな・・・もう電話切るね・・」

って受話器の向こうで言ってました。

2回目は「・・・・・宿題・・・むつかしくて・・・わからない・・」

(笑)

彼もこの公演への協力者の一人。
家族の協力があってこその舞台公演でもある・・・だから・・
ありがとう。あなたの出来損ないのダメママはがんばりました・・・・(笑)

たまたま居合わせたからといって、徹夜の加奈にコーヒーや夜食を作ってくれてたらしいトラパパにも感謝。
ありがとうございます。

皆様本当にお世話になりました。
今回の舞台公演の本当の主役はこのスーパー裏方チーム?!(笑)
だったことをどうか、知ってください。

そして、ご来場くださった皆様には今一度ありがとうございました。
2006-11-28 16:32 | カテゴリ:モノローグ
無事、けが人なく、終演いたしました・・・・(ホッ)
当日は声が出にくい(蓄膿の悪化・・・)という最悪な事態からの始まり・・・でも声でなくてもいいや・・・ってなんだか気持ちは余裕。

なぜなら、今回の目的は「言葉」を伝えるためだけに歌う・・・だったから。一字一句に魂を込めたら、声が出ないことも、音程が不安定になることもあんまり関係ないって思ってた・・・・それしか出来ないし。

来ている人たちがヒトコトでも舞台上の言葉を覚えられるほど、魂を込められるかどうか・・・があげはの挑戦でもありました。

そして本番中アクシデント的に役に入り込みすぎての大粒の涙・・・・これが、一気に鼻水で流れ出て・・・・後半は出ないはずの声が出てきたわけで・・・・(笑)

で少々本番の模様を写真で見てみましょう!!
HF3Y0005.jpg

HF3Y0153.jpg


HF3Y0024.jpg

HF3Y0011.jpg

HF3Y0056.jpg

HF3Y0157.jpg




今回のスタッフ集合写真もどうぞ?
HF3Y0242.jpg


復帰第一弾は身内あたりからの小さなLIVEだったけど・・・
思った以上に嬉しい方々が見に来てくれました・・・・お忙しい平日の夜に貴重な時間をいただきましたこと、本当にありがたく思います。
ココロより、感謝。

次回は2月公演「LoveSong?ティナとレイジ」

でございます。これは芝居中心でやっぱり生歌あります。
とってもピュアなあげは初の恋愛モノ・・・だけどやっぱり・・・涙
なんですよね・・・・バレンタインデーあけの週末に泣きたい方は是非起こし(笑)みんなと同じ時間を共有できることをココロから期待してます!

あげは

HF3Y0157.jpg

2006-11-27 07:23 | カテゴリ:モノローグ
本日11月27日(月)・・・2年ぶりに原作からあげた作品のLIVE公演の本番日。

「Player in the case」
19:00開演

KKRホテルオーサカ 4F チャペルグレイスフル

map_02.jpg


すこしでもお時間があればどうぞお越し下さいね

歌モノ芝居したてメッセージ公演という世界。

がんばってきます・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。