-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-06 06:16 | カテゴリ:コトノハアート
「かけがえのない日々」


もうすぐ夜が明ける・・・午前5時の暗い部屋
一人、昔のアルバムを読んでいる
誰かが書いたこの曲、どうして涙がでるんだろう

心から愛している人にただそう伝えることだけなのに
許されないと知る罪悪感と嫌悪間だけが胸を締め付ける

幸せだよって微笑みながら抱きしめる、
わかってるの、あなたがいないと
生きていく毎日さえ無意味になる

愛し方も愛され方も甘え方さえも知らずにいる
それなのに、こんなにもキレイな愛をただ注いでくれる
あなたの言葉のぬくもりに今、溶け込みたい・・・・





逃げ出したくなるとき・・・本当はいつもそう思う。
一人、生きる意味を探し彷徨ってた
誰かが声を掛けるたびに、どうして逃げ出したくなるんだろう

体からあふれ出す誰かを思う痛みを受け止めるだけなのに
何もかもを投げ出して今すぐあなたのそばで生きていたい

泣いてもいいよって微笑みながらキスをする
わかってるよ、私がいないと
生きていく日々さえ無意味になる

不器用な生き方大人になってゆく毎日を否定してる
それなのに、こんなにもキレイな愛をずっと注いでくれる
あなたのからだのぬくもりに今、触れていたい




誰にも見えないこの場所は、小さな光のような愛がともり
誰にもいえないけど、キレイなだけの愛を抱きしめ続けていられる

この場所であなたと誓った約束はきっと何十年たっても今のまま
変わらないよね。待ってるずっとここにいる、私に出来ることは
たったひとつこの場所であなたと生きてく、ただそれだけ・・・
スポンサーサイト
2006-08-05 22:22 | カテゴリ:コトノハアート
touch.jpg


ぼやけるセピアの幻
深く刻まれし肌の痛み

繰り返し繰り返す
便利と言う名の破壊行為

古inishieの夢は今日の現実
今日の現実は未来の古inishie

何度時代がめぐろうとも
人間は不変の罪人
2006-07-30 19:40 | カテゴリ:コトノハアート
悲しいこと、苦しいこと、
毎日、毎時間ここにやってくるんだ
そのたび優しさを失くす気がする

明日があることがシアワセなのか
今日あることさえ不幸の始まりなのか

小さな心の小さな穴が痛み出すたびに
恐くなる・・・・

明日へ生きる希望の中に
この痛みを横たわらせる場所はありますか?

一度でいい・・・ヒトとして扱われたい
私は、財布じゃない、私は都合じゃない

それでも私は夢売り人だと
明日に向かって歩いている

それが嘘でも、痛みでも、喜びでも
きっと真新しい未来への道しるべ

どうしようもない、輪廻の記憶に
振り回される悲しみも宿命の痛み

明日の次はまた明日が来て
繰り返される、欲得の交換会

一度でいい、ヒトとして愛されたい
私は副産物じゃない、私は便利屋じゃない

私の仕事や努力や、築いたモノは
私のよろいじゃない、私の強さじゃない
逃げ場でもなければ、利用すべきものでもない

私は私という生身の戦士。
いつからそう呼ばれているんだろう。

私はそんなものよりも大切な、
小さな涙を受け止められたらそれでよかった

一人の人間、一人の女、ただの普通の人間
どうしても、舞台に立ったりことばを書く
それを許されないのなら、つまらなさすぎる

アーティストとか職業とか私にぶら下がった名札
そんなものなんて、私じゃないから・・・

いつのときも置き去りにされる、
もう一人の自分が泣いているんだ

私を見て、そう叫び続けるのは、
等身大の無力な私をありのまま見てほしい

なにがあっても、泣きながらでも・・・
私はただ前に前に、向かっていきるんだ
きれいごとバカりの夢物語じゃない
汚い現実の明日が私の生きる場所だと知ってる。

2006-07-29 05:50 | カテゴリ:コトノハアート
いつの頃からだろう・・・意志と呼ばれる感情が消えた
自分が何をしたいのか、何に向かっているのか・・・
わからなくなった・・・

学校へ続く道、アスファルトの固さがわからない。
私はきっとこの場所に堕ちてきてしまったのだろう。

何かをやりたいとか何かがほしいとか・・・
どうしていえなくなったのか・・・いくら考えても
わからなくなってくる・・・

考えれば考えるほど頭が痛く息苦しくなる。
私はどこにいくのだろう・・・

遠いところから、呪文のようなことばが聞こえる。
自分をほめてあげなさい・・・
自分を愛してあげなさい・・・

方法が見つからない。
自分を愛する方法が私から欠落したいつか・・・
自分を愛して、自分をほめる。

それができないから、誰かを愛した・・・
誰かに愛されたかった・・・・
私は与えることしか知らずに生きた。
でも与えられたいと願ってきたんだ。

愛されたい。大事だといわれたい。
きっとその想いが、誰かへの愛情に変わってた。

人を愛せる私は自分を愛せずに、すぐ迷子になる。
見失って、泣いて、探して、やっとの思いで
あなたの手を見つけた。

そしたら離すのが恐くなった・・・・
愛してくれるその手が私のお守りになった。
だけど、私だけに注がれる愛はどこにもない。

また迷子になっていくのだろうか?
自分を愛する方法をさがせという呪文の意味がわからない。

私は私を愛せない。それが悪いことなのか?
いいことと悪いことの区別がなくなってゆく。

愛したい。愛されたい。それだけがきっと
欠落した私に残った唯一の生きる方法論だった。

意志を失くして、さまよった答えは、
愛されることを願い続けた時間かもしれない・・・
2006-07-28 05:27 | カテゴリ:コトノハアート
Jewel-11.jpg

私はDoll・・・そうありたい・・
硬い身体に魂を宿らせたDoll
悲しみの表情・微笑みの表情
だけど全部冷たいの・・・

私の指は冷たい・・・私の腕は硬い。
感情も持たずにただ座ってる
人形と呼ばれる日々の始まり・・・

恐い・・・醜い・・・かわいい・・
喜びは涙になり、悲しみは笑顔になる

愛してほしいのか、大切にされたいのか
それさえも語れない、悲しい人形。
ことばをなくした唇が感情を語る。

人形になりたい、人形をやめたい。
いつのときにもないものねだり

人形の形をした人間よりも
人間の形をした人形でありたい


感情や顔かたちにとらわれることなく
涙さえ忘れた、人形になれるのなら
今すぐにでもこの心をその身体にあげる

美しさを冷たさに変えた人形でいるほうが
人間よりもずっとわかりやすくていい・・・

Jewel-14.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。